歯が痛くなる原因

HOME > 症状別 > 歯が痛くなる原因

どうして歯が痛くなるのか

「歯の痛み」というと多くの人が「むし歯」を想像されると思いますが、実はそれだけではありません。ここでは、むし歯だけではなく歯が痛くなる様々な要因を紹介します。しかし、どんな場合も自身での判断は危険です。歯が痛くなったらまずは歯科での受診をご検討ください。

むし歯


むし歯菌により、歯が蝕まれて起こる痛み。

歯周病

歯周病菌により歯茎や顎の骨の組織が破壊されて起こる痛み。

親知らず

親知らずの生え方やむし歯により起こる痛み。

破折

歯冠や歯根が割れたりヒビがいくことで起こる痛み。

知覚過敏

エナメル質が薄くなり象牙質に刺激が伝わることで感じる痛み。

非歯原性歯痛

歯や歯ぐきなどに問題がないのに感じる痛み。

歯が痛くなる原因

むし歯の痛み

むし歯の痛みは、むし歯菌が出す酸によって歯が溶けることで歯の神経に刺激が加わるようになり痛みを覚えます。最初は、冷たいものや暑いものを口に含むと「ピリッ」と電気が走るような感覚を覚えることが多く、徐々にズキズキした痛みを感じるようになってきます。

一般的に「自発痛」といって、歯にふれたり何かを噛んだりといった刺激を与えていない状態で痛みを感じるようになってくると、抜髄という神経を抜く処置が必要になる場合があります。むし歯は早期発見・早期治療が基本となりますので、痛みを感じてから歯科に行くのではなく、むし歯ができても定期検診で小さなうちに対処することが大切です。

歯周病による歯の痛み

歯周病というと、歯ぐきの病気なので歯は痛くならないと思われておられる方もおられます。しかし歯周病が進行すると、痩せた歯ぐきからエナメル質の薄い歯質が露出することで歯の神経が刺激を受け、知覚過敏のような痛みを感じたり、歯が同様することでズキズキとした痛みを感じることもあります。

歯周病もむし歯と同じく、痛みを感じ始めた頃には重症化している可能性が高い病気です。また、最も感染者の多い感染症として、ギネスブックに載るほど感染率の高い病気でもあります。歯周病は進行すると歯を失い、歯を支える骨が溶けることからインプラントや入れ歯も困難になってくる病気でもあります。定期的に予防歯科に通い、歯垢や歯石を溜めずに清潔な口腔内を保つことが、長く歯を保つ要因となります。

親知らずの痛み

親知らずは、永久歯の中で最後に生えてくる一番奥(8番目)の歯です。萌出時期が遅いため、歯の向きが横向きに生えてきたり、歯ぐきの中に埋まった状態で生えていることもあるため、手入れがしづらく、不潔になることが多い歯と言われています。そのため、智歯周囲炎という親知らずの周囲に炎症が起こる症状が現れることがあり、時には顔の形が変わるほど腫れたり、口が開かないほど痛くなることもあります。

親知らずは、咬み合わせにもよりますが、人間の進化の過程上必要のない歯となりつつあります。そのため、多くの場合で何も症状がなくても抜歯が推奨される場合があります。しかし、人によっては抜かないほうが良い場合や、抜かなくても良い場合がありますので、自身の親知らずの状態については歯科医師に相談することが適切です。

破折による歯の痛み

破折とは、歯の根にヒビ(破折線)が入ったり、歯冠が割れたりヒビが入ることを言います。「噛むと痛い」というのが痛みの特徴で、歯根破折の場合は、治療歯(神経を取った歯)に起こりやすいと言われています。

歯は、神経を抜くと歯の持つ修復力が弱くなり、歯そのものが弱くなってしまいます。そこに咀嚼による毎日の刺激が加わったり、ブラキシズム(食いしばりや歯ぎしり)によってダメージが蓄積されることで、あるひ突然のようにヒビがいったり折れたりします。歯冠の破折の場合は、神経を取って根の治療をすることで歯を保つ事ができますが、歯根の破折は抜歯になることが多いです。また歯冠の破折でも、根にもダメージが加わっている場合はいずれ歯根が割れてしまうこともあります。破折は比較的再発リスクの低い歯の根の治療を行うことで防げる場合があります。

知覚過敏の痛み

歯の一番外側のエナメル質という部分が薄くなり、歯の神経に刺激が伝わることで感じる痛みです。冷たいものや暑いものを口に含むと、「キーン」としみるような痛みを覚えます。

痛みを覚える瞬間がむし歯と似ていますので、「むし歯かな?」と思うこともあります。痛みが持続的に続いていない場合や、痛みを感じる場所を細いもので叩いても痛みを感じなければ、知覚過敏である可能性は高いです。しかし、もしむし歯であれば進行するほど削る歯質は増えてしまいますし、場合によっては神経を失う処置が必要になることもありますので、「むし歯かな?」と思ったら相談にお越しください。もしむし歯ではなくても、知覚過敏に適した対処も可能です。

非歯原性歯痛による歯の痛み

歯や歯ぐきとは関係のないところが原因で起こる痛みを、総称して非歯原性歯痛と呼びます。痛みの原因は様々ですが、総じて「歯が痛む」ことから、歯科を最初に受診されることが多い病気です。

非歯原性歯痛はいくつかに分類されますが、顎の筋肉や神経の問題、時には心臓が原因の場合や精神疾患から来る病院もあります。非歯原性歯痛の第一選択肢は歯科で結構ですが、あらゆる検査をした上で歯科疾患ではな場合、痛みの原因を突き止め、治療をするために他科にかかる必要があります。

このように、歯の痛みだけでもいくつもの原因があります。しかし、多くの場合はむし歯や歯周病である可能性が高いので、この痛みから回避するには「予防」で歯科に通うことが一番の治療です。歯のお痛みは早期発見、早期治療が基本です。少しでも痛みを感じたら、勘違いでも構いませんのであ早めの受診をお待ちしています。

タグ: , ,

歯が痛くなる原因 | 公開日: 2020/07/15 | 更新日: 2020/07/20 | by アップル歯科尼崎駅前

このページの関連記事

アップル歯科尼崎駅前

  • 〒660-0803 兵庫県尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。(電子マネーは現在準備中)
友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

2020年6月22日開院

休診日:水曜・日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR尼崎駅 南口を北側に出て南へ徒歩30秒、尼崎駅前交差点渡って右手側。
  • 阪神尼崎駅 より阪神バス尼崎市内線[11系統・23系統]乗車、小田地区会館停留所下車徒歩6分
お車でお越しの方へ(駐車割引券有り)

グループ医院のご紹介

4つのアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

TOPページへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2020 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top