歯の根の治療

HOME > 一般診療 > 歯の根の治療

歯の根の病気

根の根の病気と進行について

歯の根について

ご存知かとは思いますが歯には根っこがあります。歯ぐきの上の見えている分を歯冠、歯ぐきの中に埋まっている部分を歯根といいます。この歯根は歯肉に埋まっているように見えますが、実際は歯肉の下にある骨の中に埋まっているのです。

一般的に目に見える虫歯は歯冠にできた虫歯です。この虫歯が進行してどんどん歯根へと向かっていくわけですが、歯の中には歯冠から歯根にかけて歯髄(しずい)という歯の神経が通っています。そのため、歯の根が病気になったり、虫歯が歯の根に近づくと激しい痛みをともなうことになります。

歯の根の病気について

では、歯根の病気とは一体何のことなのでしょうか。歯は外側から3層の構造で出来ています。一番外側はエナメル質という硬い部分。これは歯冠にしかありません。この内側に象牙質という少し柔らかい組織があります。これは歯冠にも歯根にもあります。そして、一番内部には、神経や血管が骨の中から根っこの先を通り入り込んでいる歯髄という組織があります。これも歯冠にも歯根にもあります。歯根の病気と言われものは、この歯髄が最近に感染することで出来る病気です。

歯の根が病気になると

ではどこから感染してしまうのでしょうか。むし歯ができて、菌が歯髄まで入り込んできたり、歯が折れて歯髄が露出したぶぶんが菌に感染してしまった時に、歯髄が感染し炎症を起こしてしまうのです。放置していると、冷たいものや温かいものに刺激されて痛みが出たり、何かを噛んだ時に痛みが出たり、何もしない時に痛みが出ることもあります。

そして、この何もしない時に痛みが出る自発痛とよばれる痛みは、かなりの激痛を伴うことがあります。みなさんの周りで夜も眠れないほどの痛みを感じたことがあるという方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。この歯髄炎と呼ばれる歯髄の炎症による自発痛は夜眠れなくなるほどの痛みを伴うことがあります。また、一度根の治療をしても、歯髄のある歯髄腔は枝分かれしていたり、曲がっているため、完全に菌を0にすることは不可能です。

歯の根の病気について

このため、治療して何年か経つと歯根の先の骨が、感染により溶けて、そこに菌や肉芽組織や膿が溜まってくることがあります。そうすると、骨が炎症を起こして何もしない時に痛みを感じることもあれば、噛むたびに痛みが出て食事ができないこともあります。歯根の先端部に近い歯茎にニキビのような腫れができてくることもあります。

これは、根っこの先の感染により骨の中に膿が溜まり、圧力がかかることで骨の中に膿の通り道ができて、歯茎の下まで膿が出てきて貯まることによってできます。ここまでくると、炎症はかなりひどいと言えるでしょう。体調の良し悪しによってこの炎症がひどくなったり治ったりして、腫れが出たり引いたりを繰り返すことがあります。これは腫れが引いても勝手に治ったわけではありません。感染の原因となっている部分を取り除かなければ、炎症が消えることはないのです。

歯の根の病気が進行すると

また、この腫れが放置され、だんだんひどくなってくるとどうなるのでしょう。ちょうど鼻の横の頬骨の中に、上顎洞という空洞があります。上の奥歯の歯根の先はこの上顎洞に近いため、感染が起こると上顎洞の中に炎症が広がります。これにより、歯性上顎洞炎という状態になることがあります。鼻から黄色い鼻水が出たり、頰が重たい感じがしますが、歯が原因なので耳鼻科で薬をもらっても治りません。

また蜂窩織炎という、感染が周囲の柔らかい組織に広がり、小さい膿が軟組織の中に散らばり、顔や喉が大きく腫れる状態になることもあります。場合によては呼吸困難に陥ることや、菌血症になり生命が脅かされることもあります。歯の病気ですが、その炎症は骨や周りの軟組織にまで及ぶこともあるのが、歯の根っこの病気です。

この記事の編集・責任者は歯科医師の田中 公之です。
Dr田中

歯の根の治療

根の根の治療とその回数

歯の根の治療の種類

では、歯の根の治療にはどのようなものがあるのでしょう。歯の根っこの治療といっても、歯の状態によって治療方法はいくつかあります。大きく分けると、非外科的歯内療法と、外科的歯内療法の2つに分けられます。通常行う歯の根の治療は非外科的歯内療法というもので、歯冠側から根っこの中に細い器具を入れて行う治療です。

この中でも、歯の状態によって行う呼び方が変わります。抜髄処置、感染根管治療 の二つです。

(1)抜髄処置

歯髄炎の場合

①むし歯が歯の神経(近く)まで到達した状態。

②まずは虫歯を取り除きます。

③特殊な器具で神経を取り除きます。

④お薬を用いて空洞を封鎖し感染を防ぎます。

⑤神経の代わりに土台を入れて補強します。

⑥出来あがたった被せ物(クラウン)を調整し、接着します。

(2)感染根管治療

根尖性歯周炎の場合

①歯の根の先に膿がたまってしまった状態。

②特殊な器具を使って古い薬や病巣を取り除きます。

③薬品を使って根を洗浄し、空洞を封鎖します。

④土台を入れて補強します。

⑤出来あがたった被せ物(クラウン)を調整し、接着します。

このように手順が多く回数がかかることが根っこの治療の特徴です。治療回数は(1)の抜髄の場合は治療が完了するまで5~10回(保険診療の場合)、(2) の感染根管治療の場合はもっと回数がかかります(5〜15回)。

治療の成功率について

また、やる内容や使う器具には大きな変化はないのですが、治療の成功率が違います。上でも述べているように、根っこの状態は人によっても、歯によっても様々なため、できるだけその数を減らすことができますが、完全に菌を死滅させることは不可能です。(1)のような治療では、歯髄にいる菌の数が少なく、場合によっては根っこの先まで菌がいないため、治療後に感染した部分が残る可能性が低いため、成功率が高くなります。

②の治療では、感染が歯髄の根っこの先まで及び、根っこの先の外にも感染が広がっているため、器具でしっかり清掃したとしても、細菌がどこかに残ってしまう可能性が高く、特に、根っこの先の炎症がひどい場合は、器具はそこまで綺麗にできないため、根っこの外に細菌が残るケースもあります。この場合は治療後にも炎症が残り症状が改善しない、もしくは、症状が時間をおいて再発する可能性も高くなります。

また、一度すでに根管治療を受けていて、再治療を行う場合は、以前の治療で器具で触れていない部位がある場合、そこに細い器具を入れていくのはとても難しくなり、治療の精度が落ちてしまいます。Sjogrenらの研究(※1)によると、治療における予後成績良率を抜髄治療では98%、感染根管治療では86%、再治療では62%としており、その違いがあることが明らかとされています。このため、感染が広がり根っこの先に炎症が及ぶよりも前に治療を行う方が、その後の歯の状態は良くなります。

外科的歯内療法

以上のような非外科的歯内療法を行なっても成功しない場合は、外科的歯内療法が行われます。主に歯根端切除術と、意図的再植術です。

まず、歯根端切除術は、根っこの先の炎症が治らない場合、根っこの先にある感染物を根っこの先ごと取り除く治療です。歯肉を開き、骨に穴を開けて感染部を治療します。

この治療ができないような場所が感染している時、または歯の長さが短い場合は、一度歯を抜き、感染している部分を取り除き、また歯を元に戻すという意図的再植術を行うこともあります。

どちらも外科的な侵襲が伴う治療になります。こういった治療もできない場合は歯を取り除いてしまう抜歯という治療を行います。

※1)抜歯の主原因別の割合で最も多かったのは歯周病(37.1%)、次いでう蝕(29.2%)、破折 (17.8%)、その他(7.6%)、埋伏歯(5.0%)、矯正(1.9%)の順となった。

この記事の編集・責任者は歯科医師の田中 公之です。
Dr田中

歯の根の治療の注意点

歯の根の治療が始まったら

必ず最後まで治療を続けましょう。

歯の根の治療を行う場合、ほとんどの場合が非外科的歯内療法という歯冠側からアプローチする方法となります。治療には回数がかかるため、何度も治療に通わなくてはなりません。また、治療中は仮の蓋をするのですが、これは大体数週間ほどで隙間ができるため、せっかく綺麗にした根っこの中が再び感染してしまうといわれています。このため、できれば間隔を空けずに治療に通わなければなりません。また、治療が途中で中断すると、治療途中の根っこの中が大量の菌に汚染され、久しぶりに歯科に行くと抜かないといけなくなるというケースも多々あるため、治療を中断しないことが最も重要となります。
痛みがなくなったら「大丈夫かも?」と思うこともあるかもしれませんが、それは一時的な小康状態です。何度も通うのは煩わしいかもしれませんが、治療終了まできちんと治療を継続して下さい。治療途中の歯の悪化は、抜歯にも繋がりかねます。

根の治療時や治療後の痛みについて

歯の根の治療は痛みを伴う場合が多いです。もちろん可能な限りの配慮はしますが、神経を直接触るため、麻酔が効いた状態でなければかなりの痛みを伴います。

治療中だけでなく、神経を取る治療後も、歯とつながって居た部分の神経は切断された状態ですので、ジンジンとした痛みがしばらく続くこともあります。また、治療が終わるまでの間は、治療中の歯で何か噛むと痛みが出ることもあります。治療が完了した後にも違和感が出たり、噛むと響く感じがしばらく続くこともあります。このような状態は徐々に落ち着いてきますが、「治療したのに痛みがある」という感覚は、患者様にとって不安以外の何者でもないと思います。ですから、当院では治療後のお痛みの可能性や対処法についてなど、その日の処置ごとにご説明することを心がけています。歯科医師のアドバイスをしっかり聞き、処方薬などを使用しならがら、治療後の痛みや症状に備え、しっかり治療をしていきましょう。

治療の成功率を上げるために

お口の中には唾液があり、唾液には何億もの菌が存在します。そのため、歯の根の治療のように歯に穴を開けて神経を触る治療となると、治療中歯髄はその菌にさらされることにより、治療の妨げとなってしまいます。これを防ぐため、感染が起きにくいようラバーと呼ばれるゴムの膜を張る「ラバーダム防湿」という唾液が入らないようにする方法があります。ラバーダムを張ると、呼吸が若干しづらくなったり、嘔吐反射がある方には使用することができないことはありますが、これを使うことにより歯内療法の成功率は高まります。また、歯髄の形によっても治療の成功率や治療回数は変わり、根っこの数が多いほど治療回数は増え、根っこの形が複雑なほど成功率は下がります。アップル歯科では歯の根の治療の成功率・治療後の再発を防ぐためのあらゆる方法を取り入れ、実践しています。

神経を取る治療(抜髄)時のリスク

治療に用いる器具は細い棒状の金属ですが、これは力がかかると折れることがあります。特に、曲がった根っこや、先が細くなっている根っこの場合、器具が折れてしまいやすく、下顎の前から6番めの前側の根っこで一番破折が起こりやすいというデータがあります(※1)。また、折れた場合は破折片を基本的には除去しますが、先の方で折れた器具は取れないこともあります。
破折片は必ずしも除去しないといけない訳ではなく、実際根っこの先端付近での破折片の有無で歯の予後に影響はあまりないという調査結果も出ています。(※2) しかし、その部分に感染がある場合は、歯の寿命は短くなってしまうし、再治療を行うことも困難になることもあります。

歯髄を取り除いてしまうと、しみたりする症状がなくなりますが、歯に栄養を供給していた血管も一緒になくなってしまいます。また、根っこの中に人工物が入るため、歯根が折れやすくなり、歯の寿命が短くなってしまいます。また、歯の色も次第に黒っぽく変色してきて、見た目も悪くなってしまいます。

歯髄をとる必要がある場合は仕方がありませんが、歯髄は残しておく方が歯の寿命は長くなります。このため、歯の根の治療は極力避けなければならないため、そうなる前に、むし歯の治療は受けなければなりません。

※1)下顎の前から6番めの前側の根管で一番破折が起こりやすい

篠田公敬(1993) 根管内切削器具の破折とその除去法に関する研究 (第2報) 破折症例に対する超音波発振装置の除去効果 日歯保存誌 36, 638-642

※2)歯根の先端付近での破折片の有無で歯の予後に影響はあまりない

新田光朗ら(1976) 根管治療における器具の折れ込みについて (第二報) 患歯の予後成績について 日歯保存誌, 19 : 73~80
この記事の編集・責任者は歯科医師の田中 公之です。
Dr田中

歯の根の治療に関するQ&A

歯の根の治療についてのよくある質問

image
Q.神経を取ると歯はどうなりますか?
A.神経を取ると痛みはなくなりますが、歯がもろくなり割れやすくなります。よって、歯の寿命が縮まり抜歯のリスクが上がってしまいます。変色も起こしてくる為、他の歯より黒っぽくなります。
Q.通院回数はどれくらいですか?
A.根の治療は、むし歯を取り除き、消毒し、神経の空洞を埋め、土台をたてて型取りをし、被せ物をしていきます。これでも最低5回はかかります。歯の根が複数ある歯もあり、根が感染している場合は消毒にもっと回数がかかってしまいます。根の治:療でも、自由診療であれば2、3回で終わるものもあるので歯科医師の説明のもと治療を選んで頂けたらと思います。
Q.歯肉に膿のようなできものがあるのですが、治りますか?
A.根尖性歯周炎という状態です。抗生物質を服用して様子を見たり、根の治療により治ることもありますが、繰り返す場合もあるので歯科医師と相談のもと治療法を選択していきましょう。最終的には歯根端切除術という外科処置をすることもあります。
Q.ラバーダムとはなんですか?
A.根菅治療では、治療している歯の中に唾液が入り込むと、唾液の中にも細菌がいるので、感染してしまい上手く治らない事があります。そこでラバーダムで歯を覆う事で、唾液や細菌の侵入を防ぎ治療成績が上がったり、再治療になるリスクが下がります。
Q.他の歯科で痛みもさほどないのに抜髄と言われました。神経を残すことは可能ですか?
A.可能な場合もあります。痛みがないようであれば、まだ神経に達しきっていない場合もあります。しかし治療をすることで虫歯を削ってしまえば神経に達してしまうため、抜髄をしなければならないこともあります。自由診療にはなりますが、断髄という神経を一部残す方法などが適用可能な場合もありますので、気になる場合はお早めにご相談にお越し下さい。
この記事の編集・責任者は歯科医師の内藤 詩です。
Dr内藤

アップル歯科尼崎駅前

  • 〒660-0803 兵庫県尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。(電子マネーは現在準備中)
友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

2020年6月22日開院

休診日:水曜・日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR尼崎駅 南口を北側に出て南へ徒歩30秒、尼崎駅前交差点渡って右手側。
  • 阪神尼崎駅 より阪神バス尼崎市内線[11系統・23系統]乗車、小田地区会館停留所下車徒歩6分
お車でお越しの方へ(駐車割引券有り)

グループ医院のご紹介

4つのアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

TOPページへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2020 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top