インプラント

HOME > 自由診療 > インプラント

インプラントとは

歯が抜けた後の治療法インプラント

インプラント治療とは

もし歯が抜けたり、抜歯せざるをえなくなったとしたら、どうすれば良いのでしょうか?

「歯1本ぐらいなくても大丈夫」「放っておいても大丈夫」と思っていませんか?歯が抜けたところをそのままにしておくと、隣り合う歯がその隙間に倒れてきたり、噛み合う歯が伸びてきたり、歯を支えていた骨が痩せてきたりという口腔内の変化が起こってきます。この口腔内の変化が厄介で、やがて周囲の歯を弱らせ、同じく歯を失う原因となってしまうこともあるのです。

そのため、歯が抜けたり抜歯が必要になった場合には「欠損補綴」という歯が抜けたあとの治療を行います。通常歯科医師が抜歯後の治療法としてご提案する欠損補綴は、以下の3つになります。

欠損補綴の種類

インプラント

歯が抜けた場所にインプラント体という金属を埋め込み、その上に歯冠をかぶせる治療

義歯・入れ歯

クラスプという金属や粘膜と密着する床という部分を使って歯冠を支える治療

ブリッジ

両隣の天然歯(もしくはインプラント)と抜けた歯の部分を橋のように連結する治療

インプラントと他の治療との違い

インプラントと他の欠損補綴との違いは、その構造にあります。それはその形状が天然歯に似ていること。

例えば天然歯の場合、「歯根」という歯の根の部分と、「歯冠」という目に見えている部分がありあす。インプラントも同じく歯根の変わりにインプラント体というチタン製の金属が入り、その上にセラミック等の人工歯が入ります。チタンは強度のある金属ですので、しっかり噛めます。また、独立して歯冠を支えていますので、見た目の上でも天然の歯と区別することはできないほど精巧なものとなることがほとんどです。

また、入れ歯のように針金で隣の歯に引っ掛けることも、ブリッジのように両隣の歯を削ることありませんので、周りの歯を傷つけることもありません。つまり、3つの欠損補綴の中で、残った歯に迷惑をかけない治療法であると言えます。

アップル歯科のインプラントが選ばれる理由

インプラント治療へのこだわり

医療法人社団アップル歯科クリニックでは、歯が抜けた後の治療法の中で、特にインプラントに力を入れています。アップル歯科では「お口の健康、それはHAPPY LIFEにつながります。あなたの幸せのお手伝い」という良い理念を掲げています。もっとも健康なお口とは、むし歯や歯周病などのお悩みのない天然歯であると考えます。そして歯を失った際にその天然歯にもっとも近い治療がインプラントであるとカンガルためです。もちろん、患者様にとっての幸せは人それぞれですから、入れ歯のほうが良いという患者様もおられますし、決めるのは患者様自身です。インプラントは保険のきかない自由診療で、決して安価な治療ではありません。その中で「インプラント」を選ばれた患者様に対し、「インプラントにしてよかった」と思っていただけるよう、あらゆる症例に対応するためインプラントに携わる歯科医師全員に実習・セミナー・学会や勉強会への参加を義務付けており、より良い治療ができるよう努めています。

年別 ~2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
埋入本数 1150本 558本 426本 319本 389本 466本 453本 520本 317本 482本
合計 5080本

痛みの少ない施術

インプラントは外科治療を伴う治療です。外科治療の痛みを少なくするためには麻酔の効かせ方、素早い処置、菌のコントロールです。これらを徹底することで、インプラント施術時の痛みを最小限に抑える努力をしています。

天然歯のような見た目

インプラントは1本で独立して歯冠を支えます。その歯冠はセラミックにより精巧に作り上げます。その際、インプラント技工を得意とする技工士を選抜し、徹技術力を駆使して天然歯に近い仕上がりを目指します。

設備と安全への取り組み

インプラント治療の失敗の多くは、歯科医師の技術力不足以外に設備や滅菌システムの不備により起こります。当院では、CTなどの検査設備、治療時の切削機器、滅菌設備に至るまで、全てを揃えて万全の体制で治療に臨んでいます。

実績と技術

法人理事長であるDr.吉見は、ICOIという国際インプラント学会の専門医であり指導医、日本口腔インプラント学会の専修医です。この吉見が治療を監修することで、法人全体では5,000本以上のインプラント治療を成功させています。

徹底した術後ケア

インプラント治療は埋入して終わりではありません。術後の口腔内を清潔に保つことでその歯の寿命は大きく異なってきます。当院ではインプラントのメインテナンスをしっかりすることで、末永く患者様のお口の健康を見守ります。

インプラントメーカー

当院が使用するインプラントの大多数はノーベル・バイオケア社という世界で初めてインプラントを開発したオリジナルメーカーのインプラント。当院の保証以外にメーカーによる生涯を保証もあるため、多くの方に選ばれています。

カウンセリング

当院の最大の特徴はカウンセリングをしっかり行うこと。インプラント治療に関しても、しっかり患者様のご要望をお伺いし、メリットもデメリットも交えてきちんと説明を行い、同意の上で治療を行うことを徹底しています。

わかりやすい価格

インプラントの費用はエコノミー・ベーシック・スタンダード・プレミアの4種類。これら全てに精密検査費・治療費・手術費・局所麻酔費・抜糸費・補綴(歯冠)費が含まれます。(その他歯周病等の治療が必要な場合は別途)

治療時の痛みを少なくするために

「インプラントは痛そうでこわい」というイメージから、治療に踏み切れないというお声をよく耳にします。しかしインプラント治療は、適切に行えばそれほど大きな痛みは伴いません。当院では、痛みを少なくするべく、3つの取り組みを行っています。

適切な麻酔

麻酔の量、針を挿入する位置、針の太さ、スピードなどあらゆる要素を調整することによって、まずは針を刺す際の痛みをコントロールできます。適切な麻酔を行うことによって、麻酔の効きも良くなるため、治療時の痛みは消失します。当院では、日本に存在する最も細い針(サイズ:35G)を使用していますので、麻酔のチクっとした痛みも感じずに麻酔ができます。また、他数歯のインプラント治療時や患者様のご要望があった場合は、静脈内鎮静法という麻酔で、眠ったかのような状態にして治療を行うことも可能です。

侵襲の少ない治療手技

インプラントに限らず、怪我をした時、傷の範囲が広ければ広いほど痛みは大きくなります。例えば、圧迫した時間が長いければ長いほど痛みは出ます。インプラントの手術もそれと同じで時間をかければ痛みは増します。ミリ単位での治療計画を立てることにより、丁寧で確実、かつスピーディーな処置が可能になり、その後の腫れや痛みを軽減させることができます。丁寧でも時間がかかれば、その間に麻酔が切れることもありますので、迅速且つ丁寧に治療が出来るよう、当院の歯科医師は何度もトレーニングを行っています。

菌のコントロール

そもそも「痛み」というのは、転んだ・ぶつけた・切れたというような体への衝撃により感じる感覚です。しかしそれ以外に、傷口から体へ菌が入ったときにお痛みが強く出ることもあります。むし歯が痛いのも、歯の中にばい菌が入り、内側から神経を刺激するためです。インプラントも同じく手術自体に痛みがなくても、お口の中に菌がたくさんあると傷口から菌が侵入することで痛みが生まれます。当院では、術前・術後の口腔内の菌のコントロールをすることで、手術前後の痛みにも配慮しています。

インプラントと他の治療との比較

インプラント・義歯(入れ歯)・ブリッジの比較

あなたにとってのベストな治療

歯が抜けたあとの治療法の主な3つの中から、カウンセリングでそのメリット・デメリットを聞いた後、最終的にどの治療にするのかを選ぶのは患者様自身です。「費用」「見た目」「機能」、何で選ぶのか、どんな生活を送りたいのかをしっかりお考えの上、ご納得のいく選択をして下さい。当院はそのお手伝いができるよう、しっかりそれぞれの特徴を説明いたします。どの選択肢を選ばれても、私達は全力で治療にあたります。

インプラント

義歯

ブリッジ

保険適応入れ歯 精密義歯 ブリッジ インプラント
回数/期間 少ない/短い 多い/約3ヶ月 少ない/短い 多い/3ヶ月以上)
隣の歯 ほぼ削らない ほぼ削らない 削る 全く削らない
違和感 強い 少ない ほぼない ほぼない
清掃性 悪い やや悪い 悪い 良い
外科処置 なし なし なし あり
見た目 金属が見える 比較的良い 保険:銀歯
自由診療:天然歯に近い
天然歯に近い
取り外し あり あり なし なし
費用 保険適用可 自由診療 保険適用可
セラミックは自由診療
自由診療

歯のなくなった本数、なくなった歯の場所、齢、持病、治療に使える期間によっても、あなたにとってのベストな治療は変わってきます。しっかり相談して決めましょう。

症例別 オススメめ治療

こんな方に適した治療

番奥の歯を失ってしまったら?

噛みやすさや他の歯を支える強度が必要になるので、入れ歯よりもインプラントの方が適していると言われています。奥歯の支えが弱いと、前歯に力が分散してしまうので、前歯が折れたり、グラグラ揺れてくる可能性が高くなってしまいます。

いちばん後ろの歯が無くなった場合、支えが1本しかないので、ブリッジの治療はできなくなります。

参考文献

部の歯を失ってしまった無歯顎の患者様

オーバーデンチャー(インプラントを併用した入れ歯)は、噛みやすさ、喋りやすさ、快適性において、入れ歯よりも適していると言われています。ですが、インプラントには外科手術が必要になるので、患者様の体の負担があったり、高額な治療費を考えると、オーバーデンチャーは推奨されないとしています。

つまり、体の負担や費用に問題がない場合においては、インプラントは食べるにも喋るにも快適であるということになります。

参考文献

150を超える高血圧の方や骨粗しょう症の方

外科的な治療はお勧めできないことがあります。入れ歯やブリッジが適しているかもしれません。

本歯が無くなった方

1本であれば、ブリッジにするのと、インプラントとでは5年後の予後は変わらないと言われています。

しかし大きな違いは無くなった歯の隣の歯を削るかどうかです。インプラントは、隣の歯を削る必要がない為、削ることによって起きる隣の2本の歯のトラブルを避けることが出来ます。総合して考えると、インプラントの方が優れていると言えます。

参考文献

歯がなくなって、綺麗にしたい方

入れ歯は見た目の回復には十分でないかもしれません。そういった方にはインプラントやブリッジが適していると考えられます。

この記事の編集・責任者は歯科医師の田中 公之です。
Dr田中

【自由診療 費用】インプラント

インプラント治療に必要な費用

種類 説明 料金
image
エコノミー
手術代
メーカー:オステム社
アジア人の骨格に合わせて作られたインプラントです。適応には限りがあります。
治療期間…2〜6ヶ月、治療回数…4〜7回
250,000円+税
※トータルフィー
image
ベーシック
手術代
メーカー:京セラメディカル
日本製のインプラントで、骨が薄い部位や骨造成後の施術に適しています。
治療期間…2〜6ヶ月、治療回数…4〜7回
300,000円+税
※トータルフィー
image
スタンダード
手術代
メーカー:ノーベルバイオケア社
最も長くの臨床実績を持つメーカーのインプラントです。当院の保証以外にメーカー側の生涯保証があり、当法人では最も多くの方に選ばれているインプラントです。
治療期間…2〜6ヶ月、治療回数…4〜7回
370,000円+税
※トータルフィー
image
プレミアム
手術代
メーカー:ノーベルバイオケア社
ノーベル・バイオケアのインプラントに審美性の高い補綴物を被せて、ミクロ単位で咬み合わせを調整する超精密なプレミアム治療です。
治療期間…2〜6ヶ月、治療回数…4〜7回
平均450,000円+税
※別途お見積
※トータルフィー
※費用には精密検査代・手術代・抜糸代・被せ物代・仮歯代・局所麻酔代が含まれています。
※トータルフィーの場合は上記に加え、インプラントに関わるその他の治療費も全て込みの費用となります。

検査に必要な費用

種類 説明 料金
image
CT
歯科用CTにより骨の状態を立体的に確認します。また、専用のソフトによりインプラントの埋入シミレーションを行うことで、インプラント治療の安全性を高めます。 30,000円+税
image
精密検査
模型、口腔内・顔・口元の写真、10 枚法レントゲン、パノラマレントゲン、セファログラム、顎関節パノラマ、フェイスボーマウント、歯科用CT等、姿勢の写真等、治療計画に応じてあらゆる資料を採取します。 30,000円+税

移植術・インプラントの手術のオプションの費用

種類 説明 料金
image
GBR
痩せて細くなってしまった顎の骨に、人工の骨を足すことで骨造成を行います。
免荷期間…2〜6ヶ月、治療回数…1回
50,000円~100,000円+税
image
ソケットリフト
口腔内から上顎洞底部という頬の空洞の手前にある膜を持ち上げ、間に人工骨や自家骨を移植したり、再生療法によって骨造成を誘導します。
免荷期間…2〜6ヶ月、治療回数…1回
50,000円+税
image
サイナスリフト
上顎のインプラントで上顎洞部の骨が少なく、即時埋入が出来ない場合に側方からアプローチして上顎洞に骨を足す治療法です。
免荷期間…2〜6ヶ月、治療回数…1回
150,000円~200,000円+税
image
骨造成
インプラント手術の際に骨が足りない場合に骨を足す処置です。
免荷期間…2〜6ヶ月、治療回数…1回
100,000円+税
image
抜歯即時埋入
通常、抜歯後骨が出来るのを待ってから埋入術を行うのに対し、抜歯をした後まもなく抜歯窩にインプラントを埋入する方法です。抜歯からインプラント手術までの期間を大幅に短縮できます。 50,000円+税
image
ブロック骨移植
インプラントを行う部位に、足りない骨を自分の骨を他の部位から削りだして移植します。 100,000~150,000円+税

オール・オン・4の費用

種類 説明 料金
image
アクリリックレジン
(基本)
片顎4本(上顎は6本)のインプラントを埋入し、そこに全ての歯を並べる全顎治療です。多くの歯を失った患者様に適したインプラント治療です。
治療期間…3〜6ヶ月、治療回数…5〜7回
上顎:2,200,000円+税
下顎:1,800,000円+税
image
チタンフレーム
All-on-4のオプションで、フレームにチタンを使用することで上部構造の強度を大幅に高くしてくれます。故障・破損を予防でき、治療終了後の再作成のリスクを軽減します。
治療期間…3〜6ヶ月、治療回数…5〜7回
基本+500,000円+税
image
チタン+セラミック
All-on-4のオプションで、強化したチタンフレームの上にセラミックの歯を並べる方法です。歯をセラミックにすることで審美性の高い上部構造が作成可能です。
治療期間…3〜6ヶ月、治療回数…5〜7回審美性も機能性も高く、親和性に優れており、アレルギーなども少ない素材です。
基本+1500,000円+税
image
All-on-4仮歯
All-on-4治療の際の狩場です。2つ目までは基本の料金に含まれていますが、3つ目以降の破損は費用を頂きます。 150,000円+税

オール・オン・4の補綴費用

種類 説明 料金

メタルボンド
All-on-4の上部構造の葉の部分に、メタルボンドを使用した際の補綴込みの費用です。費用はおおよその目安となり、詳細はお見積りとなります。 3,500,000円~4,000,000円+税

ジルコニア
All-on-4の上部構造の葉の部分に、ジルコニアセラミックをを使用した際の補綴込みの費用です。ジルコニアは審美性の上に強度を備えており、壊れにくく、美しい仕上がりが期待できます。費用はおおよその目安となり、詳細はお見積りとなります。 4,000,000円~5,000,000円+税

インプラントに関するQ&A

インプラントについてのよくある質問

image
Q.インプラントの手術って危険なのですか?
A.インプラントは、正しく行えば、とても成功率の高い治療です。危険なのはしっかり勉強もせず、必要な設備もない医院で治療を行った場合などです。 当院では、歯科用CTの使用・サージカルガイドの使用・健康状態の管理・複数歯科医師による治療計画会議などの取り組みを行っています。 また、滅菌に関しても歯科よりも厳格な医科レベルでの滅菌システムの導入やディスポーサブルの活用など、感染に関しても力を入れて取り組んでいます。
Q.インプラントって痛いですか?
A.麻酔を適切に行って、インプラント治療を行なっていきますので「痛い」と感じることはほぼないと思います。これまで治療治療を受けられた方の多くは「最初は怖かった」という感想はあっても「痛かった」という患者様はおとんどおられませんでした。ただ、手術内容によっては、治療後に腫れや痛みが出ることもございます。そういった場合は十分量の鎮痛剤をお渡ししております。
Q.インプラントの費用は安くなりますか?
A.歯科医院での治療費は、医療費控除の対象になります。医療費控除とは、1年間の医療費が、合計で10万円以上かかった場合に、その費用と所得に応じて、減税されるという仕組みです。例えば、所得額が300万円、医療費が100万円の場合、控除額が13万5千円となるので、86万5千円で治療を受けたことと同じになります。ご自身で必要な書類を確定申告時に提出していただく必要があります。詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。
Q.費用は一括払いのみですか?
A.費用は分割もございます。分割回数は概ね4回程度までで、治療終了(最終の被せ物が入る)までお願いしています。もちろん分割手数料などはございません。お支払い方法は、現金・お振込・クレジットカード・電子マネーなどがご利用いただけます。分割回数を多くしたい場合は、金利が3.9%程度かかりますがデンタルローンもご利用いただけます。
Q.相談に行きたいのですが、治療するかどうは話を聞いてから決めてもいいですか?
A.もちろん結構です。相談の結果、その他の治療法を選んだいただいても問題ありません。どの治療を選択されても全力で治療にあたらせていただきます。
Q.他の歯科でインプラントを考えているのですが、そちらにも相談に行っても良いですか?
A.お気軽にお越しください。ただし、セカンドオピニオンの場合は自由診療として費用を5,000円+税を頂戴しております。その後当院で治療をされる場合は治療費から差し引きさせてたいだきます。
Q.他の歯科でインプラントができないと言われたので、そちらでも調べてもらえますか?
A.お気軽にお越しください。他院で難しいと言われた場合でも、当院できる場合もございます。インプラント治療ができる・できないの多くは骨の状態によって判断される場合が多いのですが、しっかり研鑚を積み、骨造成や移植などの技術を適切に行うことができれば、インプラント治療が可能になることも多くあります。難易度が高い前歯の治療も当院は承っております。
ただし、重度の糖尿病や特定のお薬をお持ちの方、高血圧など、全身疾患がある場合は治療ができないこともあります。
Q.他の歯科でインプラントができないと言われたので、そちらでも調べていただきたいのですが・・・
A.お気軽にお越しください。他院で難しいと言われた場合でも、当院できる場合もございます。インプラント治療ができる・できないの多くは骨の状態によって判断される場合が多いのですが、しっかり研鑚を積み、骨造成や移植などの技術を適切に行うことができれば、インプラント治療が可能になることも多くあります。難易度が高い前歯の治療も当院は承っております。
Q.インプラントはすぐ出来ますか?
A.手術時間だけに関して言えば、30分〜2時間で完了します。ですが、インプラントの被せ物が入るまでには4〜7ヶ月かかります。 image
インプラントの性質上、これより期間を短くすることは基本的にできませんが、場合によっては、即時荷重という方法で被せ物を早く入れることも可能となります。ぜひご相談ください。期間は長いですが、治療回数は5回程度で終わることが多く、月に1回程度の受診です。頻繁に歯科医院に通うわけではないので、お忙しい方でもご予約がお取りしやすいと思います。
Q.インプラントは一生持ちますか?
A.もちろん生涯その歯を保たれる方も大勢おられますが、当然ながら個人差はあります。諸説ありますが、10年間インプラントが持つ可能性が95%以上と言われています(※1)ので、とても長持ちする治療と言えます。上の歯と下の歯を比べると、下の歯の方が長持ちしやすいという研究結果も出ています。ですが、あくまで人工物です。車を買っても買い換えるように、インプラントはやりかえが必要になることもあります。

※1)aplan-Meier法で算出した上部構造装着後のインプラント体10年生存率は,上顎で96.4%下顎で94.0%で,埋入部位による差はなかった.

この記事の編集・責任者は歯科医師の田中 公之です。
Dr田中

アップル歯科尼崎駅前

  • 〒660-0803 兵庫県尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。(電子マネーは現在準備中)
友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

2020年6月22日開院

休診日:水曜・日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR尼崎駅 南口を北側に出て南へ徒歩30秒、尼崎駅前交差点渡って右手側。
  • 阪神尼崎駅 より阪神バス尼崎市内線[11系統・23系統]乗車、小田地区会館停留所下車徒歩6分
お車でお越しの方へ(駐車割引券有り)

グループ医院のご紹介

4つのアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

TOPページへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2020 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top