痛みを抑えた治療

HOME > 一般診療 > 痛みを抑えた治療
サムネイル

このページの目次

痛みを抑える工夫

歯医者は痛い場所と思っていませんか?

なぜ歯医者は嫌われるのか

歯科の治療にはどんなイメージがをお持ちでしょうか。「怖い」「痛い」「音が苦手」・・・。など嫌なイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。「歯医者に通うのが好き!」という方の方が少数派なのは我々歯科医院側もわかっていることです。歯科が好きになれない最も大きな理由は「痛み」にあると思います。痛いから怖い。痛いから音だけで痛みを連想してしまう。「痛み」は人間の体が刺激を脳に伝える危険信号です。危険を感じたら回避をしたくなるのも人の本能ではないでしょうか。ですから歯科は「回避したい場所」なのかもしれません。

しかし、逆に考えれば痛みがなければ歯科ももう少し通いやすい場所になるのではないでしょうか。アップル歯科ではそう考え、痛みを抑えた治療や痛みに対する配慮を行うことで、患者さんが「痛くないかも」と思っていただけるような治療や取り組みに力を入れています。

麻酔の「チクリ」を緩和する表面麻酔

歯科での治療において、むし歯を削ったり、詰め物をつけたり、歯を抜いたり、時には歯石をとる時にも痛みを伴うことがあります。むしろ、痛くない処置の方が少ないかもしれません。そもそも、病気の治療なのでどうしても身体に侵襲のある処置が必要になってくることは避けることができません。それがまだ子供の頃に治療の痛みを記憶し、トラウマとなっている人の中には、歯科恐怖症という歯科が怖くて治療を受けることができない方もいるくらいです。そのため、歯科では治療中の痛みを消失するために麻酔をします。しかし、麻酔は注射器を用いて行うため、針を刺すとちくりとした痛みを感じます。このチクッとした痛みが苦手な方もおられれば、その後麻酔液が軟組織内に入ってくる感覚が苦手な方もいらっしゃると思います。

当院では、これらの痛みを緩和するために、注射器を用いて麻酔を行う前に表面麻酔という塗るタイプの麻酔を針を刺す部分に塗布します。この表面麻酔は塗り薬と同じように使用するので、使用時に痛みを伴いません。当院で使用する表面麻酔にはアミノ安息香酸エチルという成分が含まれています。この成分には浸潤麻酔時の痛みを消失する効果があることがわかっています(※1)。

粘膜の表層の部分が痺れて感覚がなくなってから麻酔を行うことで、針を刺す痛みが出にくくなるため、針を刺した瞬間やその後少量の麻酔液が入ってくる時の痛みを和らげることができます。

浸潤麻酔の痛みの軽減

痛みを感じにくくするための工夫として、表面麻酔だけではなく、麻酔の針の太さや麻酔をする方法にも気をつけています。局所麻酔を行う時に痛みを感じるのは、針が粘膜を貫く時の痛みと、薬液が組織を押し分けて浸潤していく時の圧力、薬液の組織刺激による痛みに分けられます。粘膜を貫く時の痛みに関しての対策として、針の太さ、粘膜の緊張の度合いによって対応しています。当院で使用している注射針は、35ゲージと言われる直径0.2mmの注射針です。これは注射で使う針の中ではかなり細いもので、痛みを感じにくいように先端が鋭くなっています。通常点滴などに使用される針で26〜27ゲージ(0.4〜0.45mm)の針ですから、それから比べてもかなり細いものであることがわかります。
糖尿病患者さんがインスリンを注射するため、痛みに配慮されて開発されたものが33ゲージの針で、35ゲージの針は数字が大きくなっていますがこれよりも細いものになります。皮膚の中に入るものですからもちろん細いほうが侵襲も低いです。0.03mmというわずかな違いですが、そのわずかな違いを少しずつ集めることで、ちょっとでも患者様の痛みを抑えることが私たちアップル歯科の取り組みです。

浸潤麻酔の効かせ方について

麻酔をする部分には刺すと痛い場所、刺しても痛みを感じにくい場所があります。可動性粘膜といって、引っ張ると動く粘膜の部分は比較的痛みを感じにくく、逆に、可動性のない固い部分の歯茎に針を刺すと痛みを感じやすいです。そのため、初めに麻酔を行う時は可動性粘膜に麻酔を行うことで痛みを感じにくくしています。

また、麻酔を行う時には粘膜を引っ張ります。これは、粘膜が張り、緊張している方が麻酔の針を刺入する時に痛みが出にくくなるためです。薬液が組織を押し分けて浸潤していく時の圧力に対しては、麻酔を行うスピードで対応しています。麻酔液を入れていく時には、始めの麻酔が効いていない時に大量の液が入ると痛みを伴いやすいため、初めはゆっくり、麻酔がある程度効いてくると徐々にスピードを上げていきます。麻酔を一本分入れるのに約2.3分かけます。

麻酔は人や部位によって効きやすかったり効きにくかったりします。効きにくい場合は、多めに麻酔をしたり、もっと歯に近い部分から麻酔を行うことでしっかり麻酔を効かすことができます。どうしても麻酔が効かず、痛みが出る場合は、伝達麻酔といって歯の感覚や周りの骨や皮膚の感覚を司る神経の束に直接麻酔を効かすことで、痛みを感じないようにすることができます。以上のような工夫をすることで、治療に対する痛みを麻酔によって消失させます。しっかり麻酔を効かすことができれば、ほとんどの治療において患者様が耐え難いような痛みを与えないよう配慮しています。

味覚・臭覚・聴覚・視覚へのアプローチ

歯医者の治療時に、痛みの他に気になるのが臭いや音です。歯医者独特の薬品の匂いや「キーン」という音、これを感じることで「痛み」を連想してしまう方もおられます。そこで当院では、アロマオイルによる臭いの緩和や、音が苦手なかなに対しては音楽プレーヤーの貸し出しを行っています。もちろんお口に入るものはなるべく舌につかないようにすることで味覚を刺激しないようにしたり、味や匂いが強いものを使わないように選別しています。また、治療時には患者様からのご要望がないかぎりタオルによる目隠しを行っています。これは患者様のプライバシーに配慮する意味や、お顔が汚れないように、または患者様の目線が迷わないようにするためです。ただし、人は視覚を奪われると他の感覚が強くなります。ですからアップル歯科では一つ一つの処置ごとに「何をします」とご説明することで、患者様が安心して歯科医師にお口の治療をお任せいただけるよう配慮しています。

この記事の編集・責任者は歯科医師の田中 公之です。
Dr田中

アップル歯科尼崎駅前

  • 〒660-0803 兵庫県尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。(電子マネーは現在準備中)
友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

2020年6月22日開院

休診日:水曜・日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR尼崎駅 南口を北側に出て南へ徒歩30秒、尼崎駅前交差点渡って右手側。
  • 阪神尼崎駅 より阪神バス尼崎市内線[11系統・23系統]乗車、小田地区会館停留所下車徒歩6分
お車でお越しの方へ(駐車割引券有り)

グループ医院のご紹介

4つのアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

TOPページへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2020 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top