予防歯科・定期検診

HOME > 一般診療 > 予防歯科・定期検診

歯の定期検診

歯の定期検診について

「歯の検診」行ってますか?

皆さん歯医者にはどれぐらいの間隔で通っていますか?歯が痛い、しみる、見た目が気になるといった症状を持って歯医者に行く方もまだまだ多いかもしれません。しかし、2016年の日本歯科医師会の調べによると、1年間に検診が目的で歯科を受診された方は44.6%だったそうです。つまり日本人の2人に1人近くが検診を利用されたということです。

しかし、やはり半数以上は痛くなるまで治療にいかないという方になると思います。そして、治療し終わり気になるところが解決すると歯医者から遠のき、また同じような症状が出た時に通うという歯が悪くなるループを辿っているのかもしれません。そもそも、歯の治療というのはほとんどが削ったり詰めたり、神経を抜いたり、最悪の場合歯を抜いたり、治療とはいうものの自身の身を少しずつ失っていくものです。一度治療すると二度とはもとに戻りませんし、治療した歯は再発リスクや歯の寿命が縮まることもあります。ですから、悪くなる前にチェックする歯の検診は、治療する頻度を下げる効果的な方法です。

※1)この1年間に 1 回以上、「歯科医院もしくは病院の歯科でのチェック」を受けている人は 44.6%、「学校や企業で、歯や口の中の状態をチェックしている」人は 4.0%、「自治体(都 道府県や市区町村)で行っている歯科検診」を受けている人は 1.6%。これらのいずれかの 検診・健診を受けた人は全体の約半数(49.0%)にあたります。

定期検診は最高の予防法

当院では、定期検診の大切さを、治療やカウンセリングを通して患者様にお伝えしております。どれだけいい治療をして、歯を白くしたり、汚れを取り除いても、それが維持できなければ治療した意味は半減されます。一度良くなったお口の中の環境を、末永く維持することも定期検診の大きな役割です。悪くなりかけていないかを調べることで、むし歯や歯周病で治療が必要になる前に対処したり、汚れがついてきているところはセルフケアの指導を行ったり、歯科衛生士が除去することでお口の環境をいい状態に保つ事が出来ます。

これを続けることで、むし歯や歯周病にのリスクを下げることができ、歯を削ったり抜いたりする治療から遠ざけることに繋がります。また、3〜4ヶ月に1度はチェックしていれば、万が一治療が必要になっても、最小限で済むことも多々あります。

定期検診の目的は「悪いところを見つける」わけではなく「悪くならないようにする」ことです。今からでも遅くはありません。歯医者を悪くなったら行くところではなく、悪くならないために行くところへと、考え方をシフトしてみませんか?

定期検診の内容

定期検診ではお口の中に以上がないかを確認し、取り残した歯の汚れや付着した歯石の除去なども行います。

むし歯の検診

治療した歯はメインテナンスをしなければ劣化や予後不良を起こすことがあります。歯と詰め物や被せ物の接着面に段差ができ、その隙間からむし歯が再発したり、気づかないうちに破損していることもあります。定期検診では、新しいむし歯だけではなくこのような治療歯の状態や二次カリエス(むし歯の再発)の可能性についても調べていきます。むし歯の治療の繰り返しを予防します。

歯周病の検診

ブラッシングが上手くできていなかったり、歯石が沈着したままの状態が続くと、歯周病が進行します。検診時には歯周ポケットの深さや磨き残し・歯石の有無をチェックし、これらの除去は行いますが、根本的な解決法として患者様のブラッシングも重要になってきます。歯磨きが疎かになってしまうと、歯肉に炎症が出たり口臭の原因にも繋がります。定期検診でこのブラッシングの評価を繰り返し行い、患者様ごとの歯磨きの改善方法をお話します。セルフケア・プロケアの両面で歯周病の予防を図ります。

咬み合わせの検診

治療した歯が高くないか、しっかり咬み合っているかの確認を行います。しっかり咬めていても、歯ぎしりや食いしばりなどにより歯がしみたり歯肉が下がってしまうこともあるので定期的にチェックする事が大切です。

定期検診では上記のほか、患者さん自身が気になることをお伺いしたり、歯科医師や衛生士から見て気になることをお伝えすることで起こりうるお口のトラブルを未然に防ぐ対策を考えます。また、40歳以上の方は、口腔内や舌に出来物や以上がないかも確認します。歯科の定期検診で口腔がんや舌がんが早期に発見されることもあります。むし歯や歯周病、咬み合わせの問題以外でも、お口に関する未来のトラブルを防ぐためには定期検診は有効な手段です。

定期検診の頻度は年に3〜4回程度です。むし歯の治療なら小さなもので3〜4回、痛みを伴うようなむし歯となると1度の治療で5回以上は通院が必要となります。歯の痛みと治療の痛みに怖さを感じてお越しいただく5回よりも、笑顔でお話する年3〜4回の検診の方が、私たち歯科医院側にとっても嬉しい歯科の利用の仕方です。

健康保険のない海外では治療費が嵩むため、歯の検診を受けることが当たり前になっている国もたくさんあります。歯が悪くならないため、歯を失わないために、痛くなくても歯医者を利用する検診で、あなたも8020(80歳になっても20本の自分の歯が残っている状態)を達成しましょう。

この記事の編集・責任者は歯科衛生士の森 美沙希です。
DH森

予防歯科

虫歯や歯周病にならないための歯科治療

予防歯科とは

予防歯科とは、むし歯になり治療するより前に、定期健診を受け予防していく事です。治療で歯医者は通うが治療が終われば行かなくなってしまった、昔は定期的に通っていたが今は遠のいてしまったと言う方は多いのではないでしょうか。2016年に日本歯科医師会が行った「歯科医療に関する一般生活者意識調査」では、日本人で一年以内にに歯科検診を受けている人は約半数程度おられたそうです(※1)。ここ数年、順調に増えてはきているものの、予防先進国と言われる国に比べると残念ながらまだまだ低いと言わざるを得ない実情です。

※1)この1年間に 1 回以上、「歯科医院もしくは病院の歯科でのチェック」を受けている人は 44.6%、「学校や企業で、歯や口の中の状態をチェックしている」人は 4.0%、「自治体(都 道府県や市区町村)で行っている歯科検診」を受けている人は 1.6%。これらのいずれかの 検診・健診を受けた人は全体の約半数(49.0%)にあたります。

通いやすい歯医者になるために

とはいえ、まだまだ多くの方が「歯科は痛くなってから利用するところ」という方も多いの現状です。アップル歯科では「痛くて来た」患者様に対し「痛くなかった」という感想を持ってもらうことで、歯科に対する不安を取り除よう努めています。歯医者が怖くないところという意識をもってもらうことで、患者様にとって行きやすい場所になり、予防でも通うことができるようになると考えているからです。予防しかはほとんど痛みを伴いません。歯科衛生士さんと世間話をしながら、3ヶ月~6ヶ月を目安にリラックスしてクリーニングを受けるサロンのような施術です。定期検診という習慣を身につけ、より良いお口の中を一緒に作っていきましょう。

定期検診受診率が低いわけ

どうして日本人は歯医者に通う割合が低いのでしょうか。昔から歯医者は、痛い治療や怖いところと言ったイメージがありなるべく通いたくないと認識している方が多いと思われます。また、仕事が忙しく時間が取れなかったり歯医者に足を運ぶのが億劫になっている方もおられると思います。

しかし、予防と治療では治療の方が痛いのはご理解いただけると思います。また、予防で年に3回歯科に通うのと、治療になって5〜6回、場合によっては数十回通うのであれば、予防に通う方が時間の面でも費用の面でもハードルは低いのではないでしょうか?

これらを理解いただくことが、予防の受診率につながるのではないかと考えています。そのためにはデンタルIQ(歯科治療に関する知識)を高める必要があります。アップル歯科では、患者様のデンタルIQを上げるため、カウンセリングにて予防や検診について情報もご提供しています。

予防歯科の内容

虫歯の予防

虫歯の予防

歯は毎日歯磨きをしていても、むし歯になってしまう事があります。そして、むし歯になると歯を削ったり、詰め物を被せたり、さらに大きなむし歯になっていると神経を抜いたり、歯を抜かなければいけない治療になってしまいます。また、治療した歯でも再びむし歯になるリスクもあります。それは、お口の中にいる細菌が原因でもあるのです。この細菌は、歯ブラシだけで落とすことは不可能で、歯磨きのプロである歯科衛生士ですら細菌を0にすることは出来ません。

予防歯科では、この菌の住処である歯垢や歯石、着色をプロの手で除去し、菌のコントロールを行います。また、治療歯の詰め物や被せ物の状態を確認し、外れかけていないか・破損はないかを見ることで修復物の隙間からなる虫歯の最初のチェックをします。その他、フッ素を塗布して虫歯になりにくい歯を作るなど、mすい歯の原因を除去してむし歯になりにくい口腔内を作るお手伝いをします。

歯周病の予防

歯周病の原因は歯周病の原因菌です。これらはむし歯と同じく歯垢や歯石、着色を落とすことで菌の数を減らし、歯周病になりにくい状態を作ります。予防では主に縁上(歯と歯ぐきの見えている部分と境目)の歯垢や歯石を除去します。歯石が溜まっている場合や歯肉に炎症がおきている場合は縁下(歯の歯ぐきの中に隠れている部分)を歯石も除去することもあります。また、ブラッシングの状態を確認したり、前回の状態から比較することで、歯磨きが苦手な部位を特定したり、口腔内の環境がどの程度変わったかを確認し、悪くなっていれば改善を促します。

咬み合わせの確認

歯科での治療といえばむし歯や歯周病を思い浮かべる方が多いと思いますが、もう一つ大切なのは咬み合わせです。この咬み合わせは、むし歯や歯周病が原因で変わってしまうこともあれば、自分の噛む力によって悪くなることもあります。咬み合わせが悪くなると、咬合生外傷といって咬み合わせが原因の様々な損傷を起こしたり、ひどい時には噛み合う歯を割ってしまうこともあります。予防歯科では歯のすり減り具合や元々の咬合を考慮しながら、現在の状態が悪くなっていないかを調べます。

予防は歯科の治療の中でもっとも痛みを伴わない治療の一つです。アップル歯科では、予防で歯科を利用しやすいように、コミュニケーションを多く取り、笑顔で毎回お会いできるような診療スタイルを整えています。痛い治療ではなく、痛みのない治療で年に数回お会いすることが、私たちアップル歯科と患者様の最良のお付き合いの仕方であると考えています。

この記事の編集・責任者は歯科衛生士の森 美沙希です。
DH森

予防歯科についてのQ&A

予防歯科についてのよくある質問

image
Q.むし歯にならないようにするにはどうしたらいいですか?
A.むし歯の主な原因は細菌で、歯の表面の硬いエナメル質を溶かしていきます。むし歯はどれだけ気をつけたり意識をしていても出来てしまいます。よって定期検診に通って頂くことで、初期段階でむし歯を発見できたり、予防ができます。予防の1つの方法として、フッ化物配合歯磨剤を使用した毎日の歯磨きも効果的です。
Q.毎日の歯ブラシで気をつけることはありますか?
A.歯ブラシは毎日食後3回行うのが理想的です。ですが、間違った磨き方をしていると効果がなかったり逆に歯肉を傷つけてしまっている可能性もあります。なので、一度歯科医院で正しい歯磨きができているか、汚れが落とせているかチェックしてもらうのが良いでしょう。
Q.定期検診では何をするの?
A.悪いところやこれまでの治療後の経過を確認します。
  • 治療した歯は問題ないか
  • 正しい磨き方で歯ブラシが出来ているか
  • 歯肉の状態は変わりないか
  • むし歯ができていないか

などの現在のお口の状態を確認し、歯石やプラーク、着色が沈着してるところにはプラフェッショナルケアとしてスケーリングなどので施術を行こないます。また、磨けていないところには歯磨き指導、小さいお子様にはフッ化物塗布を行います。

Q.予防歯科に痛みはありますか?
A.基本的に痛みが生じるような処置はありませんが、歯石が溜まっている場合は、歯ぐき付近をスケーラーという特殊な器具で清掃しますので、痛みが苦手な方は稀に怖いと感じる方もおられるようです。ご希望に応じて麻酔を使用することも可能ですので、怖い方、不安な方はお気軽にお声掛けいただければ結構です。
Q.予防歯科に通っていればむし歯や歯周病に罹かりませんか?
A.いいえ。100%虫歯や歯周病を防ぐことはできません。風邪やインフルエンザと同じで、予防していても罹る時は罹ってしまいます。しかし、予防をすることでそのリスクを大きく下げることが可能です。また、万が一むし歯や歯周病になってしまった場合でも、初期での治療が可能ですので最小限の治療に止めることができる可能性が高くなります。
この記事の編集・責任者は歯科衛生士の森 美沙希です。
DH森

お口のクリーニング

口腔内の菌をコントロール

お口の中は菌がいっぱい

お口の中には約300~500の細菌がいると言われています。これらの細菌は、上手く歯磨きが出来ていない状態や砂糖の過剰摂取により細菌がネバネバした物質を作り出してしまい、歯周病の進行してしまうのです。

歯医者のクリーニングでは、この菌の住処となる歯垢や歯石を自分自信では落とし切ることのできないところまで除去することを目的として行います。ある論文では、歯磨きによる歯垢除去率はおよそ 50%で、1分間における歯磨きではおよそ39%しか除去できないとされています。これをプロの歯科衛生士によって除去することで、歯周病・むし歯の進行を食い止めたり、予防をします。

※1)成人を対象とした研究において,歯磨きによる歯垢除去率はおよそ50%であり,1分間における歯磨きではおよそ39%しか除去できないことが明らかにされている。

クリーニングで除去するもの

クリーニングで落とす「住処」とは何でしょうか。大きく分けて3つあります。

プラーク

プラークとは細菌の塊のことで、歯と歯の歯肉(歯茎)の境目や歯と歯の隙間に付く白い汚れのことです。この細菌たちはネバネバしており粘着性が強いため、歯の表面に付着しうがいだけでは落ちません。そして、このプラークは長時間お口の中に滞在することによってトラブルを引き起こす細菌が増殖し、歯や歯肉に悪い影響を与え、むし歯や歯周病の原因になります。

クリーニングの際に、顕微鏡にてこのプラークを確認してもらい、患者様にあったクリーニングを提供させて頂いています。普段はあまり意識しない方でも、細菌を見ると歯ブラシがどれだけ大事なのか気付いてもらえるのではないでしょうか。

歯石

歯石とは先程のプラークが、歯ブラシで取りきれないまま長期間お口の中に滞在し石灰化した沈着物のことです。歯の表面や歯肉の中のポケットと呼ばれる奥深くにまで沈着してしまう事もあります。これらの歯石は、非常に固く歯ブラシで除去することは出来ません。何で除去するかと言うと歯医者での歯科衛生士による専門的なクリーニングです。歯石が付いたままになっていると、歯肉は炎症し歯の周りの骨も溶け歯周病が進んでしまいます。

一度溶けた骨は元には戻らないので、早めのクリーニングにて検査、歯石除去をするのが効果的です。歯石の付きやすい方もおられるので、定期的に通うのをお勧めします。

着色

歯の色味も汚れの1つです。代表的なものではタバコでのヤニ、コーヒー・紅茶・ワインなどのステインなどが歯の着色の原因です。ご自身で落とすのは困難な場合も多く、間違った歯磨きの仕方をしてしまうと歯を傷つけたり逆効果になる場合もあるので歯医者さんでの専門的な機会を使い除去するのが望ましいです。

当院では、エアフローと呼ばれる歯面清掃用パウダーを用いて着色を落としていきます。歯の表面を傷つけずに除去が可能です。

クリーニングが必要な方
歯磨きが苦手な方
ご自身では上手く磨けているのか分からない方も多いと思います。なので、一度歯科衛生士による専門的なクリーニングを受け、同時に正しいブラッシング方法を学ぶ事が大切です。
歯並びが気になる方
歯並びが良くてもブラッシングでの磨き残しはあります。なので、歯並びが気になる方は毎日の歯ブラシに悩まれている方も多いのではないでしょうか。ご自身では磨き残してしまう箇所や歯ブラシが届きにくい場所をクリーニングにて除去します。
着色が付きやすい食習慣の方
歯は見た目に大きな影響を与えるため気になる方も多いと思います。日頃の食習慣、喫煙により着色が早い方は定期的なクリーニングを推奨します。

他にもクリーニングを必要とするケースは様々ありますが、歯の汚れは歯周病にもつながる最大の原因です。今や日本人の約8割が罹患していると言われている歯周病を防ぐためにもクリーニングは有効です。ですから、クリーニング=歯周病治療と考え、多くの方に受けて頂きたい治療でもあります。クリーニングはほとんど痛みを伴わず、治療後には歯がツルツルになるだけでなく、ニオイのもとである菌や菌の排泄物等を除去するため口臭予防にも効果的です。これ以上お口の中に悪い細菌を増やさないため、歯周病やむし歯を再発させないため、歯の治療をするにあたっても感染を予防するためにも必要不可欠な治療ですので、クリーニングでお口の中の環境を整え守っていきましょう。

この記事の編集・責任者は歯科衛生士の森 美沙希です。
DH森

お口のクリーニングに関するQ&A

歯のクリーニングについてのよくある質問

image
Q.歯ブラシだけで汚れは落ちますか?
A.だいたいの汚れは落ちます。ですが歯と歯の間や親知らずが生えていたり、歯並びが悪いと歯ブラシだけでは難しいので、フロスや歯間ブラシ、タフトブラシなどの補助的清掃用具を使用するとより効果的に汚れを落とせます。
Q.電動歯ブラシと普通の歯ブラシはどちらがいいですか?
A.電動歯ブラシは当てる場所、角度、動かし方を間違えていなければ普通の歯ブラシより効果的に汚れを除去できると言われています。実際に研究によって手動の歯磨きよりも効果的であったという検証もされています(※1)。普通の歯ブラシでも硬さやヘッドの大きさ等の種類も様々ありますので、ご自身にあった歯ブラシを選ぶことが大切です。

※1)※1)電動歯ブラシは、短期的および長期的に手動の歯磨きよりもプラークおよび歯肉炎を軽減します。

Q.洗口剤は効果はありますか?
A.洗口液はあくまで歯磨きの効果を補う、補助的な役割のものと考えると良いでしょう。そして、歯磨きの効果を補うものとしての位置づけでは、洗口液は十分効果があるものだといえます。虫歯や歯周病を予防するためにも積極的に活用して構いません。ですが、洗口剤だけではプラークの汚れは落ちないのであくまで歯ブラシとの併用が必要です。
Q.クリーニングに通う頻度はどれくらいですか?
A.歯石は歯の表面(見える所)と歯と歯肉の隙間(見えない所)に沈着します。歯石を沈着したままにすると、歯周病が進み歯を支えてる骨が溶けていきます。骨が溶けると歯は支えをなくし、グラグラ揺れ最終的には歯が抜けてしまします。
歯石を除去することで、歯周病の進行を抑え歯を健康に保つことが出来ますので歯石は除去することが必要なのです。当院ではなるべく痛みを伴わないよう治療を進めますので、不安がある方はお伝えいただければと思います。患者様とコミュニケーションをとりながら行います。
この記事の編集・責任者は歯科衛生士の森 美沙希です。
DH森

デジタル歯科検診(自由診療)

見えない部分の検診

デジタル検診とは

歯科医院では、様々な精密機器を用いて検診を行なっております。代表的なものにレントゲン撮影があります。これは、低被ばくのデジタルレントゲンでむし歯や根の状態、目視できない歯のトラブルを確認します。他にもCTと呼ばれる、レントゲンでも映らないところを三次元的に確認できるものがあります。ほとんどの歯科医院ではこれらの機器を使用し、検診を行なっています。

当院では、これに加え3D光学式口腔内スキャナー(iTero5D)という機器にて、見えないむし歯や咬み合わせ、歯並びの確認など、見えない部分の検診をデジタル技術を使用して行っております。

デジタル歯科検診の内容

デジタル精密歯科検診の内容

デジタルレントゲン

パノラマレントゲン・セファログラム・デンタルレントゲンなどの各種レントゲンから治療が必要な部位や治療計画を立案します。

歯科用CT診断装置

口腔内専用の底被曝CTで歯ぐきの中の歯や骨のの状態、親知らずの位置や生え方、歯の根の周辺の病巣などを確認します。

アイテロ5D

見えない隣接面の虫歯を近赤外線で確認、咬み合わせの癖や状態、歯垢や歯石の取り残し、歯並びの状態と改善シミュレーションを行います。

3D光学式口腔内スキャナーとは

レントゲンは低被ばくではあるものの、放射線を用いて撮影していくものですが、iTero5Dでは放射線ではなく、光学式のスキャナー(カメラ)を使用し口腔内をスキャンすることにより、精密な歯型を3Dデジタルデータとして読み取ります。これで、むし歯、歯石、咬み合わせ、歯並び等を目視でき、患者様により自分自身のお口の中を客観視できるようになっています。また、マウスピース矯正による歯並び治療のシミュレーションを見ることも可能な医療機器です。

iTero5Dで出来ること

印象採得
今までは患者様が、苦痛を伴いながらドロドロの材料が固まるまで待って頂き歯の型取りをしていました。それが、お口の中を口腔内カメラでスキャンすることにより歯型をDATA化できます。
むし歯発見
目視では確認する事が難しい小さなむし歯を、近赤外線を用いて発見できます。
歯石の確認
鏡だけでは細かな汚れや、歯の裏側についている歯石を見るのは難しいです。iTero5Dを使用すれば、色んな角度から口腔内を確認できるため歯ブラシでの意識するポイントも分かります。
矯正シミュレーション
マウスピース矯正を検討されている方、マウスピース矯正が上手くいくのかわからない、自分の歯はマウスピース矯正適応なのかと考えている方は一度シミュレーションを受けて頂ければと思います。どのように治るのかの予測が立てられます。
咬み合わせ分析
どの歯でよく噛んでいるのか、どこがすり減っているのか等の分析が可能です。

アップル歯科ではレントゲン・歯科用CT・アイテロ5Dを使用し、見えないむし歯や歯の疾患、歯並びの問題を確認し、予防や治療に役立てます。

この記事の編集・責任者は歯科医師の内藤 詩です。
DH内藤

アップル歯科尼崎駅前

  • 〒660-0803 兵庫県尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。(電子マネーは現在準備中)
友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

2020年6月22日開院

休診日:水曜・日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR尼崎駅 南口を北側に出て南へ徒歩30秒、尼崎駅前交差点渡って右手側。
  • 阪神尼崎駅 より阪神バス尼崎市内線[11系統・23系統]乗車、小田地区会館停留所下車徒歩6分
お車でお越しの方へ(駐車割引券有り)

グループ医院のご紹介

4つのアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

TOPページへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2020 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top