予防歯科

HOME > 一般診療 > 予防歯科・定期検診 > 予防歯科

虫歯や歯周病にならないための歯科治療

予防歯科とは

予防歯科とは、むし歯になり治療するより前に、定期健診を受け予防していく事です。治療で歯医者は通うが治療が終われば行かなくなってしまった、昔は定期的に通っていたが今は遠のいてしまったと言う方は多いのではないでしょうか。2016年に日本歯科医師会が行った「歯科医療に関する一般生活者意識調査」では、日本人で一年以内にに歯科検診を受けている人は約半数程度おられたそうです(※1)。ここ数年、順調に増えてはきているものの、予防先進国と言われる国に比べると残念ながらまだまだ低いと言わざるを得ない実情です。

※1)この1年間に 1 回以上、「歯科医院もしくは病院の歯科でのチェック」を受けている人は 44.6%、「学校や企業で、歯や口の中の状態をチェックしている」人は 4.0%、「自治体(都 道府県や市区町村)で行っている歯科検診」を受けている人は 1.6%。これらのいずれかの 検診・健診を受けた人は全体の約半数(49.0%)にあたります。

通いやすい歯医者になるために

とはいえ、まだまだ多くの方が「歯科は痛くなってから利用するところ」という方も多いの現状です。アップル歯科では「痛くて来た」患者様に対し「痛くなかった」という感想を持ってもらうことで、歯科に対する不安を取り除よう努めています。歯医者が怖くないところという意識をもってもらうことで、患者様にとって行きやすい場所になり、予防でも通うことができるようになると考えているからです。予防しかはほとんど痛みを伴いません。歯科衛生士さんと世間話をしながら、3ヶ月~6ヶ月を目安にリラックスしてクリーニングを受けるサロンのような施術です。定期検診という習慣を身につけ、より良いお口の中を一緒に作っていきましょう。

定期検診受診率が低いわけ

どうして日本人は歯医者に通う割合が低いのでしょうか。昔から歯医者は、痛い治療や怖いところと言ったイメージがありなるべく通いたくないと認識している方が多いと思われます。また、仕事が忙しく時間が取れなかったり歯医者に足を運ぶのが億劫になっている方もおられると思います。

しかし、予防と治療では治療の方が痛いのはご理解いただけると思います。また、予防で年に3回歯科に通うのと、治療になって5〜6回、場合によっては数十回通うのであれば、予防に通う方が時間の面でも費用の面でもハードルは低いのではないでしょうか?

これらを理解いただくことが、予防の受診率につながるのではないかと考えています。そのためにはデンタルIQ(歯科治療に関する知識)を高める必要があります。アップル歯科では、患者様のデンタルIQを上げるため、カウンセリングにて予防や検診について情報もご提供しています。

予防歯科の内容

虫歯の予防

虫歯の予防

歯は毎日歯磨きをしていても、むし歯になってしまう事があります。そして、むし歯になると歯を削ったり、詰め物を被せたり、さらに大きなむし歯になっていると神経を抜いたり、歯を抜かなければいけない治療になってしまいます。また、治療した歯でも再びむし歯になるリスクもあります。それは、お口の中にいる細菌が原因でもあるのです。この細菌は、歯ブラシだけで落とすことは不可能で、歯磨きのプロである歯科衛生士ですら細菌を0にすることは出来ません。

予防歯科では、この菌の住処である歯垢や歯石、着色をプロの手で除去し、菌のコントロールを行います。また、治療歯の詰め物や被せ物の状態を確認し、外れかけていないか・破損はないかを見ることで修復物の隙間からなる虫歯の最初のチェックをします。その他、フッ素を塗布して虫歯になりにくい歯を作るなど、mすい歯の原因を除去してむし歯になりにくい口腔内を作るお手伝いをします。

歯周病の予防

歯周病の原因は歯周病の原因菌です。これらはむし歯と同じく歯垢や歯石、着色を落とすことで菌の数を減らし、歯周病になりにくい状態を作ります。予防では主に縁上(歯と歯ぐきの見えている部分と境目)の歯垢や歯石を除去します。歯石が溜まっている場合や歯肉に炎症がおきている場合は縁下(歯の歯ぐきの中に隠れている部分)を歯石も除去することもあります。また、ブラッシングの状態を確認したり、前回の状態から比較することで、歯磨きが苦手な部位を特定したり、口腔内の環境がどの程度変わったかを確認し、悪くなっていれば改善を促します。

咬み合わせの確認

歯科での治療といえばむし歯や歯周病を思い浮かべる方が多いと思いますが、もう一つ大切なのは咬み合わせです。この咬み合わせは、むし歯や歯周病が原因で変わってしまうこともあれば、自分の噛む力によって悪くなることもあります。咬み合わせが悪くなると、咬合生外傷といって咬み合わせが原因の様々な損傷を起こしたり、ひどい時には噛み合う歯を割ってしまうこともあります。予防歯科では歯のすり減り具合や元々の咬合を考慮しながら、現在の状態が悪くなっていないかを調べます。

予防は歯科の治療の中でもっとも痛みを伴わない治療の一つです。アップル歯科では、予防で歯科を利用しやすいように、コミュニケーションを多く取り、笑顔で毎回お会いできるような診療スタイルを整えています。痛い治療ではなく、痛みのない治療で年に数回お会いすることが、私たちアップル歯科と患者様の最良のお付き合いの仕方であると考えています。

この記事の編集・責任者は歯科衛生士の森 美沙希です。
DH森
タグ: , ,

予防歯科 | 公開日: 2020/04/10 | 更新日: 2020/04/10 | by アップル歯科尼崎駅前

このページの関連記事

アップル歯科尼崎駅前

  • 〒660-0803 兵庫県尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。(電子マネーは現在準備中)
友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

2020年6月22日開院

休診日:水曜・日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR尼崎駅 南口を北側に出て南へ徒歩30秒、尼崎駅前交差点渡って右手側。
  • 阪神尼崎駅 より阪神バス尼崎市内線[11系統・23系統]乗車、小田地区会館停留所下車徒歩6分
お車でお越しの方へ(駐車割引券有り)

グループ医院のご紹介

4つのアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

TOPページへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2020 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top