フルマウス治療

HOME > 自由診療 > フルマウス治療

歯がボロボロになってしまった方へ

多くの歯がむし歯・歯周病になってしまったら

歯がボロボロになる理由

  • 忙しいのでとりあえず痛みだけをとってもらっていたら、どんどん悪くなってしまった
  • 笑った時に歯が無かったり、黒い部分が多いので笑えなくなってしまった
  • 歯を治療しすぎて、銀歯まみれ、前歯が汚い
  • 過去の歯医者での治療が痛くて、通うのがトラウマになってて通えなかった

歯がボロボロになってしまってから当院に来られる患者様の中には、このようなお悩みをお持ちの方は大勢おられます。アップル歯科尼崎駅前では、こうした全顎的に歯がボロボロになってしまった方に対しても治療を行っております。特に歯医者での痛みや音が苦手な方に対しては、静脈内鎮静法という方法を用いてリラックスした状態で苦痛なく治療を行うことも可能です。当院では、歯医者が苦手な方の対応には、論文などからその対応方法取りまとめ(※1)、これまで治療ができなかった方でも治療が出来るよう努めています。

※1)歯科恐怖症患者への対応

実際にどんな治療をするの?

治療について考えていく前に、まず“なぜ悪くなったか??”という原因に対して考えることが非常に大切です。そのために当院ではまず最初にお口の中の写真、レントゲン、CTなどを撮影させて頂き、現状の診査と、何故そうなってしまったかの診断をしていきます。これが無いままに治療を行ってしまうと、歯がボロボロの方に対して整合性の取れた治療を行っていくことができません。

歯がボロボロに悪くなっていく原因は、主に

  1. 虫歯
  2. 歯周病
  3. 咬み合わせ

があり、これらが複合し、絡み合う事で治療が複雑になることも多々あります。患者様ごとに主にどれが原因かを明確にしていくことで、整合性の取れた、快適で長持ちする治療を行うことができます。アップル歯科尼崎駅前では、その部分を非常に大切にしております。

① 虫歯が原因でボロボロに悪くなっている方

歯周病、咬み合わせに大きな問題がなく、虫歯が大きな原因を占めている方の場合、主な治療は

  • インプラント、入れ歯、ブリッジ という失った歯に対しての治療
  • ボロボロになった歯を保護、修復するための補綴治療(被せ物を入れる治療)

が主になってきます。それに先立ち食生活指導や歯磨き指導、全体的な清掃を行います。甘いものを多く摂取していたり、歯自体が上手に磨けていないと治療しても再度悪くなってしまうので、この部分は重要になってきます。

② 歯周病が原因でボロボロに悪くなっている方

虫歯、咬み合わせに問題がなく、歯周病が大きな原因を占めている方の場合、主な治療は

  • インプラント、入れ歯、ブリッジ という失った歯に対しての治療
  • 歯周病の原因となる、歯垢や歯石の徹底的な除去

が主になってきます。

歯周病の方に関しては、残る歯、残せない歯の判断が難しい場合があり、その判断を下す前に徹底的に歯石の除去を行います。歯石の除去だけで5回ほどかかることも頻繁にあります(スケーリング、ルートプレーニング)。

徹底的な歯石の除去を行っても、健全に機能させれないほど歯に揺れが残る場合や、今後の治療に対して障害になってしまう場合は、そういった歯を一度に抜歯することもあります。その上でインプラント治療や入れ歯の治療を行っていきます。

③ 咬み合わせが原因でボロボロに悪くなっている方

歯を悪くしていく原因として、咬み合わせがあります。意外だな、と思われた方もいるかと思いますが、咬み合わせが悪い方は歯が残りにくいという論文もあります。

2005年に行われた80歳で20本以上の歯を有する方の調査によると、上下顎前歯の前後関係、第一大臼歯の前後的な位置関係、犬歯の位置関係など、どれにおいても正常な状態の方が多かったというDATAがあります(※2)。これは、咬み合わせが正常な方ほど歯を残す可能性が高くなるという裏付けになるとともに、咬み合わせの位置関係が悪い方は歯を失うリスクが正常な方より高いということにも繋がります。

そのため、咬み合わせが悪い場合は以下の治療が重要となります。

  • 歯列矯正治療による歯並びの移動と改善
  • インプラント、入れ歯、ブリッジ という失った歯に対しての治療
  • 歯を保護、修復するための補綴治療(被せ物を入れる治療)

60歳を超えてくる方は、歯列矯正を回避して治療を進めていくこともありますが、40~50代の方ですと歯の長持ちを考え、矯正治療から提案させていただくことが多いです。噛み合わせが原因で歯が悪くなっているのに、それに対してのアプローチをしないと治療したところが再度悪化してしまうからです。

※1)8020達成者の咬合分類 上下顎前歯の前後関係は正常:86.4%、上顎前突15.4%、反対咬合0%であった。垂直的関係は正常86.5%、過蓋咬合13.%、開咬0%であった。第一大臼歯の前後的な位置関係は、ClassⅠ40.4%、ClassⅡ:21.2%、ClassⅢ:1.9%、判定不可:36.5%であった。犬歯部ではClassⅠ61.5%、ClassⅡ28.8%、ClassⅢ:1.8%、判定不可:4.8%であった

歯がボロボロになったら

以上のように、歯がボロボロになってしまった方の治療法は、歯を悪くする原因によって異なってなります。しかし、それが理解できても「それじゃあ治療しよう」と一歩足を踏み出すのはまた別の難しさがあることを私たちは知っています。

「今の口の中を見られることは相手が歯科医師でも恥ずかしい」「今さらこの状態から治してくれとは恥ずかしくて言えない」「いざ歯医者に行ったら費用のことなどなかなか聞きづらい」など、歯がボロボロになってしまった方が歯医者に行くハードルはとても高いものだと思います。

しかし、私たちはどんな状態でも今より良くするためのプロです。恥ずかしがる必要はありません。私たちはあなたの現在のお口の状態を診て「なぜここまで放っておいたの?」と叱りつけることもありませんし、ましてや笑うことにありません。費用のことも遠慮無く聞いて下さい。あなたの予算を考慮した上で、今より良くする方法を考え、ご提案いたします。

歯がボロボロになってしまった方に一番必要なのは、まずは相談する勇気です。それさえあれば私たちはあなたのお口の状態が少しでもよくなるように全力で治療にあたります。お気軽にご相談下さい。

この記事の編集・責任者は歯科医師の田中公之です。
Dr田中

多くの歯を失った方の全顎的な治療

複数の歯を失った方へ

人の歯は永久歯が抜けてしまうと、二度と生えてくることはありません。しかし残念ながら、むし歯・歯周病・外傷など、様々な理由で歯を失ってしまう人もおられます。外傷のように歯を何かに打ち付けてしまったために、一度に多くの歯を失う方もおられれば、むし歯や歯周病のように徐々に悪くなり失ってしまう方もおられます。

むし歯や歯周病の場合、最初は1本だけ失ったつもりが、それが引き金となって咬み合わせがおかしくなり、徐々に他の歯も抜けはじめてしまいます。これを咬合崩壊といい、一度崩壊をはじめてしまうと、どんどん治療が困難になってしまいます。

複数の歯を失った人の多くが、「恥ずかしくて歯医者に見せるのも恥ずかしい」とおっしゃられます。お気持ちはわかりますが、恥ずかしがる必要はありません。私たちはどんな状態からでも今よりお口の環境を良くするためのプロであり、それを治療することを仕事としている人間です。どんな状態でも怒ったり笑ったりすることはありませんので、まずは勇気を出して相談にお越しください。

image

フルマウス治療とは

フルマウス(全顎的)治療とは、多くの歯を失った方に対する全体的な治療です。全顎的な治療は元々あったはずの場所に歯がない上に、歯を失ったことで咬み合わせまで変わってしまうため、正しい咬み合わせを推測しながら治療を進める難易度の高い治療です。しかし、アップル歯科はこのフルマウス治療に力を入れて学んでおり、全ての歯科医師がそれぞれ多数歯を失った方に対し、治療計画を立てられるトレーニングを積んでいます。

アップル歯科では、そもそも歯を一本のみで考える治療ではなく、「一口腔一単位(歯1本ではなくお口1つで考える単位)」で治療を検討しています。例えば一つのむし歯があったとしても、それがなぜ虫歯になったのかを読み解き、その原因から治療出来るように診断力を高める努力しています。ですから、多くの歯を失った患者様に対しても、CTやレントゲン、ヒアリングした生活様式から原因と元々の咬み合わせを検討し、単に人工の歯が入る治療ではなく、しっかり噛めて見栄えがよく、長持ちする治療を目指しています。

多数歯を失った方への治療の種類と費用

概ねの費用ですので、患者様の状態に応じて異なることがあります。詳細は検査後のお見積りとなります。

全部床義歯(総入れ歯)

  • 保険診療 or 自由診療
    1万円前後(保険)〜60万円+税
  • 保険適用の義歯もある。
  • 他の多数歯欠損治療に比べ治療期間が短い。
  • たゆみ・ゆがみが起こることがある
  • 日常生活において違和感を感じることが多い

入れ歯による治療です。入れ歯にも種類があり、保険適応内の入れ歯もあれば、保険外治療となる精密な入れ歯もあり、患者様の希望に応じて選んで頂きます。治療期間が短い、費用が比較的抑えられるというメリットもありますが、咀嚼・発音・違和感などで不満を感じられる方も多い治療です。

All-on-4

  • 自由診療
    200万~350万円程度(片顎・別途税)
  • 取り外しの必要がなく、動揺しない
  • 通常のインプラント治療より期間が短い
  • 外科処置が必要
  • コストがかかる

片顎4本(上顎は6本)のインプラントで全ての歯を支えるインプラント治療です。全ての歯をインプラントにすることを考えれば費用を抑えられ、入れ歯のように動揺することがないため、お喜びになる方も多い治療ですが、フルマウスインプラントほどの使用感は得られません。

フルマウスインプラント

  • 自由診療
    350万円~500万円程度(片顎・別途税)
  • 審美的で見たがキレイ。
  • 使用感が自分の歯に近い。
  • 外科処置が必要
  • コストと時間がかかる

歯を失ったところにインプラント(人工歯根)を埋入し、咬み合わせを整える治療です。欠損歯が多いほど費用はかかってしまいますが、義歯のように動揺することもなければAll-on-4のような故障のリスクも低く、見た目は天然に近い状態まで回復します。

全顎的な治療の比較
  フルマウス All-on-4 総義歯
審美性 ×
耐久性 ×
治療回数・期間 15〜20回(1〜2年) 4〜5回(1〜6ヶ月) 4〜6回(1〜2ヶ月)
治療の痛み ◯(局所麻酔) ◎静脈鎮静麻酔
違和感 ×
口腔内の衛生環境 ×
あなたにピッタリの治療を相談で決める

治療したいと思っても、費用のことも機能的なこともわからない患者様にとっては、どんな治療が適しているのかわからないという方も多くおられます。アップル歯科では、カウンセリングを通じて患者様の希望やご要望、予算に応じてお一人お一人に治療計画を複数立て、患者様と一緒にどんな治療が良いのかを考えていきます。

最も怖いのは、抜けたまま放置してしまわれることです。歯を失ったまま長期間治療をせずに過ごしていると、顎の骨が退縮して治療の選択肢が狭まるだけでなく、。歯がない状態で生活を続けることによって、咀嚼不足から消化器官に影響が及んだり、脳機能にも影響することもわかっています。

どんな治療にするのか、費用のこと、まずはご相談にお越しください。アップル歯科ではカウンセリングを通じて、あなたの希望・要望・予算をお伺いした上で、一人ひとりに応じた治療計画をご提案致します。

image

※1)歯の喪失に伴う口腔感覚の欠如は単に咀囑障害にとどまらず全身状態,すなわち,脳機能にも影響を及ぼすことが推察される

この記事の編集・責任者は歯科医師の田中公之です。
Dr田中

アップル歯科尼崎駅前

  • 〒660-0803 兵庫県尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。(電子マネーは現在準備中)
友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

2020年6月22日開院

休診日:水曜・日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR尼崎駅 南口を北側に出て南へ徒歩30秒、尼崎駅前交差点渡って右手側。
  • 阪神尼崎駅 より阪神バス尼崎市内線[11系統・23系統]乗車、小田地区会館停留所下車徒歩6分
お車でお越しの方へ(駐車割引券有り)

グループ医院のご紹介

4つのアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

TOPページへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2020 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top