インプラントとは

HOME > 自由診療 > インプラント > インプラントとは

歯が抜けた後の治療法インプラント

インプラント治療とは

もし歯が抜けたり、抜歯せざるをえなくなったとしたら、どうすれば良いのでしょうか?

「歯1本ぐらいなくても大丈夫」「放っておいても大丈夫」と思っていませんか?歯が抜けたところをそのままにしておくと、隣り合う歯がその隙間に倒れてきたり、噛み合う歯が伸びてきたり、歯を支えていた骨が痩せてきたりという口腔内の変化が起こってきます。この口腔内の変化が厄介で、やがて周囲の歯を弱らせ、同じく歯を失う原因となってしまうこともあるのです。

そのため、歯が抜けたり抜歯が必要になった場合には「欠損補綴」という歯が抜けたあとの治療を行います。通常歯科医師が抜歯後の治療法としてご提案する欠損補綴は、以下の3つになります。

欠損補綴の種類

インプラント

歯が抜けた場所にインプラント体という金属を埋め込み、その上に歯冠をかぶせる治療

義歯・入れ歯

クラスプという金属や粘膜と密着する床という部分を使って歯冠を支える治療

ブリッジ

両隣の天然歯(もしくはインプラント)と抜けた歯の部分を橋のように連結する治療

インプラントと他の治療との違い

インプラントと他の欠損補綴との違いは、その構造にあります。それはその形状が天然歯に似ていること。

例えば天然歯の場合、「歯根」という歯の根の部分と、「歯冠」という目に見えている部分がありあす。インプラントも同じく歯根の変わりにインプラント体というチタン製の金属が入り、その上にセラミック等の人工歯が入ります。チタンは強度のある金属ですので、しっかり噛めます。また、独立して歯冠を支えていますので、見た目の上でも天然の歯と区別することはできないほど精巧なものとなることがほとんどです。

また、入れ歯のように針金で隣の歯に引っ掛けることも、ブリッジのように両隣の歯を削ることありませんので、周りの歯を傷つけることもありません。つまり、3つの欠損補綴の中で、残った歯に迷惑をかけない治療法であると言えます。

アップル歯科のインプラントが選ばれる理由

インプラント治療へのこだわり

医療法人社団アップル歯科クリニックでは、歯が抜けた後の治療法の中で、特にインプラントに力を入れています。アップル歯科では「お口の健康、それはHAPPY LIFEにつながります。あなたの幸せのお手伝い」という良い理念を掲げています。もっとも健康なお口とは、むし歯や歯周病などのお悩みのない天然歯であると考えます。そして歯を失った際にその天然歯にもっとも近い治療がインプラントであるとカンガルためです。もちろん、患者様にとっての幸せは人それぞれですから、入れ歯のほうが良いという患者様もおられますし、決めるのは患者様自身です。インプラントは保険のきかない自由診療で、決して安価な治療ではありません。その中で「インプラント」を選ばれた患者様に対し、「インプラントにしてよかった」と思っていただけるよう、あらゆる症例に対応するためインプラントに携わる歯科医師全員に実習・セミナー・学会や勉強会への参加を義務付けており、より良い治療ができるよう努めています。

年別 ~2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年 2018年 2019年
埋入本数 1150本 558本 426本 319本 389本 466本 453本 520本 317本 482本
合計 5080本

痛みの少ない施術

インプラントは外科治療を伴う治療です。外科治療の痛みを少なくするためには麻酔の効かせ方、素早い処置、菌のコントロールです。これらを徹底することで、インプラント施術時の痛みを最小限に抑える努力をしています。

天然歯のような見た目

インプラントは1本で独立して歯冠を支えます。その歯冠はセラミックにより精巧に作り上げます。その際、インプラント技工を得意とする技工士を選抜し、徹技術力を駆使して天然歯に近い仕上がりを目指します。

設備と安全への取り組み

インプラント治療の失敗の多くは、歯科医師の技術力不足以外に設備や滅菌システムの不備により起こります。当院では、CTなどの検査設備、治療時の切削機器、滅菌設備に至るまで、全てを揃えて万全の体制で治療に臨んでいます。

実績と技術

法人理事長であるDr.吉見は、ICOIという国際インプラント学会の専門医であり指導医、日本口腔インプラント学会の専修医です。この吉見が治療を監修することで、法人全体では5,000本以上のインプラント治療を成功させています。

徹底した術後ケア

インプラント治療は埋入して終わりではありません。術後の口腔内を清潔に保つことでその歯の寿命は大きく異なってきます。当院ではインプラントのメインテナンスをしっかりすることで、末永く患者様のお口の健康を見守ります。

インプラントメーカー

当院が使用するインプラントの大多数はノーベル・バイオケア社という世界で初めてインプラントを開発したオリジナルメーカーのインプラント。当院の保証以外にメーカーによる生涯を保証もあるため、多くの方に選ばれています。

カウンセリング

当院の最大の特徴はカウンセリングをしっかり行うこと。インプラント治療に関しても、しっかり患者様のご要望をお伺いし、メリットもデメリットも交えてきちんと説明を行い、同意の上で治療を行うことを徹底しています。

わかりやすい価格

インプラントの費用はエコノミー・ベーシック・スタンダード・プレミアの4種類。これら全てに精密検査費・治療費・手術費・局所麻酔費・抜糸費・補綴(歯冠)費が含まれます。(その他歯周病等の治療が必要な場合は別途)

治療時の痛みを少なくするために

「インプラントは痛そうでこわい」というイメージから、治療に踏み切れないというお声をよく耳にします。しかしインプラント治療は、適切に行えばそれほど大きな痛みは伴いません。当院では、痛みを少なくするべく、3つの取り組みを行っています。

適切な麻酔

麻酔の量、針を挿入する位置、針の太さ、スピードなどあらゆる要素を調整することによって、まずは針を刺す際の痛みをコントロールできます。適切な麻酔を行うことによって、麻酔の効きも良くなるため、治療時の痛みは消失します。当院では、日本に存在する最も細い針(サイズ:35G)を使用していますので、麻酔のチクっとした痛みも感じずに麻酔ができます。また、他数歯のインプラント治療時や患者様のご要望があった場合は、静脈内鎮静法という麻酔で、眠ったかのような状態にして治療を行うことも可能です。

侵襲の少ない治療手技

インプラントに限らず、怪我をした時、傷の範囲が広ければ広いほど痛みは大きくなります。例えば、圧迫した時間が長いければ長いほど痛みは出ます。インプラントの手術もそれと同じで時間をかければ痛みは増します。ミリ単位での治療計画を立てることにより、丁寧で確実、かつスピーディーな処置が可能になり、その後の腫れや痛みを軽減させることができます。丁寧でも時間がかかれば、その間に麻酔が切れることもありますので、迅速且つ丁寧に治療が出来るよう、当院の歯科医師は何度もトレーニングを行っています。

菌のコントロール

そもそも「痛み」というのは、転んだ・ぶつけた・切れたというような体への衝撃により感じる感覚です。しかしそれ以外に、傷口から体へ菌が入ったときにお痛みが強く出ることもあります。むし歯が痛いのも、歯の中にばい菌が入り、内側から神経を刺激するためです。インプラントも同じく手術自体に痛みがなくても、お口の中に菌がたくさんあると傷口から菌が侵入することで痛みが生まれます。当院では、術前・術後の口腔内の菌のコントロールをすることで、手術前後の痛みにも配慮しています。

タグ: , ,

インプラントとは | 公開日: 2020/05/08 | 更新日: 2020/05/08 | by アップル歯科尼崎駅前

このページの関連記事

アップル歯科尼崎駅前

  • 〒660-0803 兵庫県尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。(電子マネーは現在準備中)
友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

2020年6月22日開院

休診日:水曜・日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR尼崎駅 南口を北側に出て南へ徒歩30秒、尼崎駅前交差点渡って右手側。
  • 阪神尼崎駅 より阪神バス尼崎市内線[11系統・23系統]乗車、小田地区会館停留所下車徒歩6分
お車でお越しの方へ(駐車割引券有り)

グループ医院のご紹介

4つのアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

TOPページへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2020 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top