歯の根の治療の注意点

HOME > 一般診療 > 歯の根の治療 > 歯の根の治療の注意点

歯の根の治療が始まったら

必ず最後まで治療を続けましょう。

歯の根の治療を行う場合、ほとんどの場合が非外科的歯内療法という歯冠側からアプローチする方法となります。治療には回数がかかるため、何度も治療に通わなくてはなりません。また、治療中は仮の蓋をするのですが、これは大体数週間ほどで隙間ができるため、せっかく綺麗にした根っこの中が再び感染してしまうといわれています。このため、できれば間隔を空けずに治療に通わなければなりません。また、治療が途中で中断すると、治療途中の根っこの中が大量の菌に汚染され、久しぶりに歯科に行くと抜かないといけなくなるというケースも多々あるため、治療を中断しないことが最も重要となります。
痛みがなくなったら「大丈夫かも?」と思うこともあるかもしれませんが、それは一時的な小康状態です。何度も通うのは煩わしいかもしれませんが、治療終了まできちんと治療を継続して下さい。治療途中の歯の悪化は、抜歯にも繋がりかねます。

根の治療時や治療後の痛みについて

歯の根の治療は痛みを伴う場合が多いです。もちろん可能な限りの配慮はしますが、神経を直接触るため、麻酔が効いた状態でなければかなりの痛みを伴います。

治療中だけでなく、神経を取る治療後も、歯とつながって居た部分の神経は切断された状態ですので、ジンジンとした痛みがしばらく続くこともあります。また、治療が終わるまでの間は、治療中の歯で何か噛むと痛みが出ることもあります。治療が完了した後にも違和感が出たり、噛むと響く感じがしばらく続くこともあります。このような状態は徐々に落ち着いてきますが、「治療したのに痛みがある」という感覚は、患者様にとって不安以外の何者でもないと思います。ですから、当院では治療後のお痛みの可能性や対処法についてなど、その日の処置ごとにご説明することを心がけています。歯科医師のアドバイスをしっかり聞き、処方薬などを使用しならがら、治療後の痛みや症状に備え、しっかり治療をしていきましょう。

治療の成功率を上げるために

お口の中には唾液があり、唾液には何億もの菌が存在します。そのため、歯の根の治療のように歯に穴を開けて神経を触る治療となると、治療中歯髄はその菌にさらされることにより、治療の妨げとなってしまいます。これを防ぐため、感染が起きにくいようラバーと呼ばれるゴムの膜を張る「ラバーダム防湿」という唾液が入らないようにする方法があります。ラバーダムを張ると、呼吸が若干しづらくなったり、嘔吐反射がある方には使用することができないことはありますが、これを使うことにより歯内療法の成功率は高まります。また、歯髄の形によっても治療の成功率や治療回数は変わり、根っこの数が多いほど治療回数は増え、根っこの形が複雑なほど成功率は下がります。アップル歯科では歯の根の治療の成功率・治療後の再発を防ぐためのあらゆる方法を取り入れ、実践しています。

神経を取る治療(抜髄)時のリスク

治療に用いる器具は細い棒状の金属ですが、これは力がかかると折れることがあります。特に、曲がった根っこや、先が細くなっている根っこの場合、器具が折れてしまいやすく、下顎の前から6番めの前側の根っこで一番破折が起こりやすいというデータがあります(※1)。また、折れた場合は破折片を基本的には除去しますが、先の方で折れた器具は取れないこともあります。
破折片は必ずしも除去しないといけない訳ではなく、実際根っこの先端付近での破折片の有無で歯の予後に影響はあまりないという調査結果も出ています。(※2) しかし、その部分に感染がある場合は、歯の寿命は短くなってしまうし、再治療を行うことも困難になることもあります。

歯髄を取り除いてしまうと、しみたりする症状がなくなりますが、歯に栄養を供給していた血管も一緒になくなってしまいます。また、根っこの中に人工物が入るため、歯根が折れやすくなり、歯の寿命が短くなってしまいます。また、歯の色も次第に黒っぽく変色してきて、見た目も悪くなってしまいます。

歯髄をとる必要がある場合は仕方がありませんが、歯髄は残しておく方が歯の寿命は長くなります。このため、歯の根の治療は極力避けなければならないため、そうなる前に、むし歯の治療は受けなければなりません。

※1)下顎の前から6番めの前側の根管で一番破折が起こりやすい

篠田公敬(1993) 根管内切削器具の破折とその除去法に関する研究 (第2報) 破折症例に対する超音波発振装置の除去効果 日歯保存誌 36, 638-642

※2)歯根の先端付近での破折片の有無で歯の予後に影響はあまりない

新田光朗ら(1976) 根管治療における器具の折れ込みについて (第二報) 患歯の予後成績について 日歯保存誌, 19 : 73~80
この記事の編集・責任者は歯科医師の田中 公之です。
Dr田中

アップル歯科尼崎駅前

  • 〒660-0803 兵庫県尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。(電子マネーは現在準備中)
友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

2020年6月22日開院

休診日:水曜・日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR尼崎駅 南口を北側に出て南へ徒歩30秒、尼崎駅前交差点渡って右手側。
  • 阪神尼崎駅 より阪神バス尼崎市内線[11系統・23系統]乗車、小田地区会館停留所下車徒歩6分
お車でお越しの方へ(駐車割引券有り)

グループ医院のご紹介

4つのアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

TOPページへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2020 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top