料金表

HOME > 自由診療 > 精密根管治療

【自由診療 費用】精密根管治療

自由診療の歯の根の治療

種類 説明 料金
image
MTAセメント
感染した歯髄を段髄し、神経を残すための治療です。これまで神経を取り、失活歯になるしかなかったような状態でも、MTAにより歯に生活反応を残したまま保存することが可能となります。
治療期間…1日、治療回数…1回
50,000円+税(別途補綴費用が必要です)
image
精密根管治療
マイクロスコープを使い、ラバーダム防湿を行った上で専用のファイルや薬剤、時間をかけて歯の根の治療を精密に行います。通常の歯の根の治療に比べ、治療歯の予後が良い結果を期待できます、
治療期間…2週間、治療回数…2~3回
100,000円+税(補綴込み)
image
スペシャルエンド
歯内療法の専門医を招いて歯の根の治療を重点的に行う方法です。専門医は歯の根の治療のみとなりますので、その他に補綴料金等が必要となります。
治療期間…1日、治療回数…1回
300,000円〜別途見積もり

歯の神経を守るMTAセメント

もしかしたら、その神経残せるかもしれません

MTAセメントとは

むし歯の進行が歯の神経(歯髄)に達すると、激しい痛みを伴ったり、歯髄への感染から歯の根までむし歯になってしまうこともあります。こうなる前に、歯の神経を除去する抜髄という処置を行う必要があります。抜髄した歯は、神経を失ったため失活し、血液から栄養を供給できなくなるためもろくなってしまいます。

そのため、歯について知識のある方は失活した歯の怖さから、何とか神経を残したいとご希望されることがよくあります。しかし、もしむし歯が完全に歯髄に到達してしまうと、残念がら歯髄を残すことは出来ません。しかし、もしむし歯の到達が浅ければ、MTAという特殊なセメントを使った治療によって、神経を除去せず、生活反応を保った強い歯を残すことが出来る可能性があります。

MTAセメントは親和性も高く、身体にも優しい材料です。しかし、残念ながら保険外治療となりますので、自由診療で受診頂く必要があります。しかし、歯の神経の価値を考えれば、残せるものは残すべきであるというのが当院の考え方です。ですから当院では、万が一むし歯が進んだ場合でも、MTAを使用することで歯髄を残せる可能性があれば、カウンセリングにてご案内するようにしています。もちろんするかしないかは患者様の判断次第です。歯の神経を残したいというお気持ちがおありでしたら、一度ご検討頂ければと思います。

これまでの治療との違い

従来までの治療法 抜髄

むし歯が神経に達すると、痛みや進行を止めるため神経を取る処置をし、歯を大きく削って被せ物にをします。

MTAセメントを使うと

歯髄がむし歯に感染していなければMTAにより歯の神経を抜くことなく生活歯のまま保存します。

MTAセメントの治療工程

むし歯の検査

まずはレントゲンと視診にてむし歯がどの程度進行しているかを確認し、MTAで神経を残せる可能性と治療意志の確認を行います。

歯髄の目視

一切に歯を切削し、目視で歯髄を確認します。歯髄か感染しておらず、保存可能かどうかを判断します。

MTAセメント・断髄

保存可能と判断した歯髄に対し、感染部分を全て除去した上でMTAセメントによって封鎖し、生活反応があるかを確認します。

補綴(詰め物・被せ物)

最後に詰め物・被せ物をして治療完了です。詰め物になるか被せ物になるかはむし歯の範囲や歯質の切削量によって異なります。

上の治療の費用

治療の内容
上顎7番のむし歯の治療で来院、検査の結果う蝕(むし歯)は歯髄付近まで進行していたため、通常であれば抜髄処置が必要であったが、歯髄を残したいという患者様の要望受け、MTAを使った断髄を行った。治療後も生活反応が見られたため、そのままセラミックの詰め物(アンレー)による補綴を行った。
期間・回数
1ヶ月(4回)
費用
MTAセメントによる断髄+アンレー(大きめの詰め物) 合計150,000円+税
用語Bの説明2。
リスク
  • MTAセメントによる歯髄保護・断髄にはリスクを伴います。残念なことに、MTAの適応は、肉眼でむし歯の進行を確認するまで判断が出来かねます。万が一むし歯を削った上で「MTA」が出来ないと判断した場合、抜髄の処置が必要となります。
  • MTAセメントの治療精度は100%ではありません。施術が完了した後に歯が生活反応を示さない場合は抜髄をする必要があります。
MTAセメントの費用:50,000円+税(別途 詰め物30,000円〜45,000円 or +被せ物70,000円〜130,000円+税)
MTAが出来ない場合

残念なことに、MTAの適応は、肉眼でむし歯の進行を確認するまで判断が出来かねます。万が一むし歯を削った上で「MTA」が出来ないと判断した場合、そのまま保険診療で治療してしまうことも可能ですが、アップル歯科では治療の成功率が高く、再治療のリスクが低い「精密根管治療(自由診療)」もご案内しています。

MTAがだめで抜髄になったとしても、歯を失うわけではありません。しかし、上にも述べたように神経を失った歯はもろくなり、再発のリスクも高くなります。しかし、精密根管治療をすることで、再発や歯を失うリスクを下げることも出来ます。神経を失った後も歯を大切にしたいとお考えであれば、精密根管治療のご説明もさせていただきます。

この記事の編集・責任者は歯科医師の田中公之です。
Dr田中

失活歯を守るための精密根管治療

抜髄になった歯を長持ちさせるために

むし歯が進行し、歯の神経に達してしまうと、抜髄という歯の神経を取る処置を行い、歯の根の治療をする必要があります。神経を失った歯を「失活歯」といい、歯が生活反応をしていないため、象牙質に栄養が行き渡らなくなり、もろくなってしまいます。つまり歯が弱ってしまうということです。東京医科歯科大学の調査では、保険診療における根管治療の再治療率は45%〜70%というデータがあります。つまり、歯の根の治療を行った人の半分程度がまた根の治療が必要になるほどのむし歯が再発してしまうということです。

精密根管治療では、もろくなった歯が再感染(むし歯のぶり返し)しないことを目的として、神経を取る処置を精密に行う治療です。当院が行う精密根管治療の手順では、歯根に病巣(病的な変化)がなければ90%以上の成功率、病巣があっても約80%の成功率(表2)まで上がったというデータもあります。

歯の根の治療は一番最初が一番重要です。「神経をとるぐらい」と考えず、「神経を取っても長く歯を保つため」とお考え頂けるのであれば、カウンセリングにてしっかりご説明させていただきます。お気軽にご相談ください。

表1:2005.9~2006.12 東京医科歯科大学 [根管処置歯における根尖部X線透過像の発現率] より引用
表2:Ng YL,Mann V,Rahbaran S,Lewsey J,Gulabivala K. 2007 Outcome of primary root canal treatement systematic review of the literatureより引用

小さなむし歯から歯髄、歯を失っていくメカニズム

虫歯が歯髄に感染

虫歯が神経に達すると痛みを止めるため神経を取る処置をします。

抜髄して銀歯

保険診療では神経を抜いた後銀色の差し歯を被せます。

再発・根の炎症

保険診療では精密な根の治療が叶わず、再発や歯の根を膿むことも。

激しい痛み、抜歯

歯の根に膿袋ができると激しい痛みが生じ、何度かくり返したのちに抜歯も。

精密根管治療ってどんなことするの?

マイクロスコープを使用します

根管治療の重要なポイントの一つは、感染病巣をしっかり取り除くことです。しかし、歯の根の形というのは非常に複雑で、人によって根管の形も違えば数も違います。【写真1】は肉眼で見たときの根管内部の明るさと状態です。もちろん歯の実際の歯はもっと小さいですから、これより更に見えない状態と言えます。この状態でで囲んだ根管を認識するには、よほどの根管治療の上級者でなければ難しいかもしれません。歯科医師に取って怖いのは「見えない所を治療する」ということです。

しかし、マイクロスコープを使った治療となると【写真2】のように明るく鮮明に小さな根管を確認することができます。この小さな根管の神経をキレイに除去出来るかどうかは、歯の根の再感染に大きく関わってきます。

また、精密根管治療では、1回の根管治療に60分〜90分の時間を使って行います。何度かに分けて行う治療では、その都度治療部位に細菌が入り込むリスクもありますが、マイクロスコープで覗き込みながら可能な処置を1日で出来る限り進めることで、感染のリスクも下げることができます。

歯の根の治療はこれまで歯科医師自身の経験や勘が左右することもありましたが、マイクロスコープを使用することで、目視することで治療ができるようになるため、治療の精度が肉眼に比べ極めて高くなります。

【写真1】肉眼で見た根管

           

【写真2】マイクロスコープで見た根管

           
ラバーダム防湿によるリスク軽減

ラバーダムという薄いゴムを口腔内に貼り、治療歯のみを露出し、隔離します。こうすることで、治療中の歯を唾液や細菌から守る働きをします。根管治療の一番のポイントは根管内に細菌を入れないことにあります。口腔内・唾液内には数億個ともいわれる細菌が生息していますが、このラバーダム防湿をすることで、これらの菌が治療中の根管内に入ることを防ぎます。

また、術者側にとっても他の歯から隔離するため術野に集中することが出来る他、口腔内に付着する心配がないため強いお薬を使ったり、根管治療で使う尖った器具などの誤飲防止などにも役立ちます。

ラバーダムの効果については、研究の結果でもするとしないで大きく違うことがわかっています(※1)。アップル歯科では、根管治療の成功の鍵として、このラバーダム防湿を精密根管治療では必ず使用しています。

※1)根尖性病変の初期サイズ、ラバーダムの使用、歯根充填技術および歯根充填の根尖レベルは、再治療の結果に統計的に有意な影響を及ぼした。

ニッケルチタンファイルの使用

根管治療では、虫歯に侵された神経の除去を行います。このときに神経を取り除く器具を「ファイル」と言いますが、このファイルにも様々な種類があり、通常「ステンレスファイル」というものを使うのが一般的です。しかし、当院の精密根管治療においては、この神経の除去に「Ni-Tiファイル(ニッケルチタンファイル)を使用します。Ni-Tiファイルは超弾性の形状記憶合金です。そのため、直線ではない湾曲した根管の神経を取り除く際、根管を傷つけずに精密な除去が可能となります。

Ni-Tiファイルの特徴
  • 柔軟性があるので湾曲した根管でもしっかり神経を除去することができる
  • 柔軟性があり、使用制限があるので根管内で折れるなどのトラブルが少ない
  • 根管内を傷つけるリスクが低い
  • 回転切削機能を付与できるため、高い切削能力により除去が可能
  • オリジナルの根管から逸脱しにくく、精密な根管清掃が可能
  • 切削効率が高いため、感染物の除去がしやすい

Ni-Tiファイルを使用することで歯髄を完全に除去することで、再発リスクを下げることができます。

一般的な歯内療法と精密根管治療の比較

一般的な歯内療法
治療にかかる回数 5〜15回
歯を削る量 多い
補綴 パラジウム(銀)
費用(治療+補綴) 1万〜1万5,000円
※3割負担の目安(回数による)
精密根管治療
治療にかかる回数 3〜5回
歯を削る量 少ない
補綴 セラミック(白)
費用(治療+補綴) 10万円+3,000×回数
※別途税 (療回数による)
この記事の編集・責任者は歯科医師の田中公之です。
Dr田中

アップル歯科尼崎駅前

  • 〒660-0803 兵庫県尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。(電子マネーは現在準備中)
友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

2020年6月22日開院

休診日:水曜・日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR尼崎駅 南口を北側に出て南へ徒歩30秒、尼崎駅前交差点渡って右手側。
  • 阪神尼崎駅 より阪神バス尼崎市内線[11系統・23系統]乗車、小田地区会館停留所下車徒歩6分
お車でお越しの方へ(駐車割引券有り)

グループ医院のご紹介

4つのアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

TOPページへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2020 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top