症状別

HOME > 症状別

口臭のお悩み

気になる匂いの原因

多くの人が気にしている「口臭」、厚生労働省の歯科疾患実態調査(2016年)によると15歳以上の約10%が「口臭が気になる」と回答したというデータがある(※1)ように、多くの人の悩みの種になっています。では、この口臭の原因とは一体何なのでしょうか?中には「胃が悪いから」という方もおられますが、実は口臭の8割は、お口が原因で起こるものなのです。そしてお口が原因の口臭は2つのタイプに分けられます。

生理的口臭


生理的口臭とは、簡単に言うと生活をしているうえである程度仕方がない口臭です。具体的には食べ物や嗜好品、加齢や女性の生理などのホルモンバランスの乱れから生じる口臭です。中には一過性のものも多く、一般的に口臭の統計を取る際には、生理的口臭は除外されることもあります。

病的口臭


病気・疾患が原因の口臭です。よく耳にする「歯周病」や「胃が悪い」もこの病的口臭にあたります。病的口臭の多くは治療が必要な疾患もあり、逆に治療を行うことで気になる口臭を抑える事もできます。

病的口臭の原因

口腔内の疾患


歯周病や口腔粘膜の炎症・舌苔、むし歯や悪性腫瘍が原因となる匂いです。

耳鼻咽喉領域の疾患


副鼻腔炎、のどの炎症、悪性腫瘍が原因となる匂いです。

全身の疾患


糖尿病、腎臓疾患や肝臓疾患が原因となる匂いです。

この中でも最も多いのが口腔内の疾患で、その中でも大多数は歯周病が原因です。他にも、舌苔やむし歯が匂いの原因となることもわかっていますので、これらを治療することは、自身の口臭を抑えることにもつながります。もちろん、2割は耳鼻科や内科領域の疾患ですが、口臭を指摘された時、最も原因として考えられる疾患は口腔内にあるということです。

口臭の原因の撃退法

歯周病に対するアプローチ

口臭の原因として最も多い歯周病は、歯ぐきの病気というよりは「細菌による感染症」です。匂いの原因は細菌が作り出すガスによるものです。

口臭を抑えるには、この細菌の数をコントロールすることが重要となります。進行した歯周病の場合、これをセルフケアで行うことは困難となります。細菌の住処である歯垢(プラーク)が付着しやすい歯石を取れるのは歯科医院でのプロフェッショナルケアとなります。歯石を取り、歯垢(プラーク)が付着しにくい口腔内を作ることで、細菌の数を減らし、口臭の改善につながります。

むし歯に対するアプローチ

意外にご存じない方もおられるのがむし歯の匂いです。むし歯がなぜ匂いを発するかというと、むし歯というのはむし歯菌が歯の表面に付着し、糖質から酸を作り出します。その酸により歯が溶け出し、穴が空いたり歯がスカスカの状態になっていきます。酸で溶けた歯はいびつな形になっているため、食べかすなどがつまりやすく歯垢(プラーク)が付着します。そのプラークを住処とした細菌がガスを作り出し匂いを発生します。

むし歯の匂いを抑えるには、むし歯を治療する他ありません。あえていうなら、むし歯を削ったあとの補綴(詰め物や被せ物)を、歯垢(プラーク)が付着しにくい素材のものにすることで、更に匂いが発生しにくい口腔内にすることが可能です。

舌苔に対するアプローチ

舌苔とは舌の表面に付着した白っぽい苔のような汚れのことです。実はこれは「舌のプラークとも言われ」で細菌や微生物の集合と言われています。口腔内の微生物は呼吸器疾患の原因にることも指摘されています(※2)ので、口臭のみならず、呼吸器疾患や誤嚥性肺炎の予防のためにも舌苔の清掃は行ったほうが良いとされています。

舌苔は舌用ブラシを軽く当てて、舌の根っこの方から前に引き舌苔を浮き上がらせ、うがいをして口腔外へ排出します。歯ブラシで強くこすりすぎるとヒリヒリしたり、赤みを帯びたりすることもありますのでご注意下さい。

「口臭で歯科にかかるのは恥ずかしい」と思う必要はありません。歯科は、口腔内に疾患を持った方が多く集まる場です。ですから、口には出しませんが歯科医師は常に患者様のお口の匂いにもアンテナを立て、患者様の情報として読み解いています。これはあなた自身の匂いではなく、その疾患が悪さをしている証拠です。

口臭は、第三者に指摘されるまでわからないことも多い症状です。一度口臭を指摘されると、マウスウォッシュやタブレットなどで、匂いをごまかそうと思う方も多いようですが、実際には根本的な原因の解決が必要です。口臭の8割程度は歯科の疾患によるものです。当院では口臭治療も承っておりますので、お気軽にご相談下さい。

※1)8.歯や口の状態 歯や口の状態、年齢階級別 歯や口の状態について気になるところ 口臭がある 9.6%

※2)口腔内の微生物が呼吸器系疾患の原因になりうることが指摘されており、専門的な口腔ケアにより誤嚥性肺炎によると思われる発熱が減少することも知られている。

歯ぐきが痛くなる原因

歯ぐきが痛くなる病気

歯ぐきの痛みというと、一般的には歯周病を連想される方がほとんどです。しかし、実はそれ以外にも歯ぐきが痛む原因となる疾患もあります。いずれにしても歯ぐきの痛みは放っておいて良いものはほとんどありません。歯ぐきに痛みや違和感を感じたら、まずは歯科を受診しましょう。

歯周病


歯周病菌により、組織や骨が破壊されて生じる痛み。

むし歯


むし歯の進行による歯の根の膿袋や炎症による痛み。

親知らず


親知らずの生え方やむし歯により起こる歯ぐきの痛み。

口内炎


歯ぐきの傷や疲れ・ストレスが原因で出来る白い円状の腫れと痛み。

カンジダ菌


口腔内のケア不足や入れ歯の清掃不良が原因で繁殖するカビによるヒリヒリした痛み。

心臓疾患・がん


心臓の疾患が原因の痛みや口腔がん・副鼻腔がんが原因の痛み。

歯ぐきが痛くなる原因

歯周病の歯ぐきの痛み

歯ぐきの痛みのほとんどのがこの歯周病によるものです。歯周病は世界中で最も感染者の多い感染症としても有名ですが、初期の頃は痛みを感じることはありません。痛みの特徴としては、むず痒いような痛みを感じることもあれば、ズキズキ痛むこともあります。痛みを感じたらその部位に歯ブラシをあててしっかり磨くことで、一時的に痛みが落ち着くこともあります。

歯周病による痛みを感じ始めたということは、歯周病がかなり進行してしまっている状態です。対処方としては、まずは歯科での受診が必要となりますが、ご本人様自身も口腔内を清潔に保つよう心がけることが大切です。

むし歯による歯ぐきの痛み

むし歯というと「歯ぐき」より「歯」の痛みを連想することが多いですが、実は歯ぐきに痛みを伴うこともあります。例えば根尖性歯周炎、歯髄炎、歯根膜炎、歯根嚢胞などの歯の根の病気は、噛みしめると歯ぐきが痛むことがあります。症状の中にはサイナストラクトといって歯ぐきに白い出来物が現れる場合もあります。これらの病気はむし歯が原因で起こることも多く、それも進行した場合に痛みを生じることが特徴です。

これらの病気が原因で痛みがある場合は、早めにむし歯や歯の根のの処置が必要となります。稀に疲れやストレスが原因で炎症を起こすこともありますが、放っておくと抜歯に至るケースもあります。むし歯は感染・進行する病気ですのできちんと治療しましょう。

親知らずの痛み

親知らずの周囲に起こる炎症が原因で起こる痛みで、触れたら痛みを感じたり、何もしていなくてもズキズキ痛むこともあります。

これは親知らずが生えるスペースがないために、傾斜して生えたり、一部しか萌出しなかったり、埋まったままの状態の場合もあり、そのため清掃が行き届きにくいことが原因で細菌に感染することから痛みを発生します。また、智歯性周囲炎は痛みだけでなく、発熱や頬の腫れ、リンパ節の腫れなどの症状も伴うことがあり、日常生活に支障を来す場合もあります。

親知らずは、痛みが出てもすぐに抜歯するにはリスクが伴うため、痛みや炎症が治まるのを待って抜歯になることが多いです。ですから、親知らずに違和感感じたら早めに歯科医師に相談したり、痛みや症状を生じる前に抜歯を検討するなど、早めの対策が有効な治療となります。

口内炎による歯の痛み

口内炎は唇や舌、頬粘膜など口腔内のあらゆるところに出来る疾患です。歯ぐきに出来るともちろん歯ぐきが痛みます。口内炎の痛みは食事や会話、歯磨きの際にしみるような痛みを感じることが特徴です。

口内炎の原因は様々で、歯ぐきなどの口腔内にできた傷から出来るものもあれば、ストレスや疲れ、食生活から生じる場合もあります。

口内炎の痛みは、食事や歯磨きの意欲を低下させるほど気になる痛みです。しかし、そによって栄養が不足したり口腔衛生の悪化がさらなる口内炎の悪化につながることもあるため、痛みに対処しながら、食事や歯磨きも怠らないよう注意しましょう。もちろん歯科では投薬や悪性でないかどうかのチェックも行いますが、口内炎にとって一番のお薬は「時間」とも言えます。通常2週間程度で治癒しますが、長く続く場合はそれ以外の疾患である可能性があります。なかなか治らない口内炎は、一度歯科でチェックしてもらうようにしましょう。

口内炎ができてしまった場合は軟膏やパッチなどのお薬による対処療法が一般的です。また、イソジンなどのうがい薬で口腔内の菌を抑制することも効果が期待できます。

カンジダ菌による歯ぐきの痛み

カンジダ菌は、口腔内の常在菌ですが、口腔内の衛生状態が悪かったり、義歯の清掃を怠ったりすると、カンジダ菌が異常増殖することがあります。カンジダ菌の痛みの特徴はヒリヒリした痛みで、乳白色の白苔が付着するという特徴もあります。

痛みや症状が3〜4日程度で治まるようであれば問題のない病気ですが、長く続く場合は受診・治療が必要です。

カンジダ症を発症した場合には、まず口腔内や義歯を清潔にすること、うがいなどをマメにすることが大切です。

心臓疾患・がんによる歯ぐきの痛み

狭心症や心筋梗塞の症状の一つとして、歯や歯ぐきの痛みを生じる場合があります。胸の痛みとともに約15分程度で治まる場合は狭心症、15分以上続く場合は心筋梗塞の可能性があります。胸の痛みを伴う場合は歯科ではなく内科や救急病院を利用する必要があります。

また、上顎洞という歯ぐきの上にある空洞にできるがんの場合も歯ぐきに痛みを感じることがあります。副鼻腔炎により副鼻腔に膿が溜まった状態が続いたり、喫煙の影響でがんが発生することもあります。歯科でみつかることは稀ですが、痛みの原因が歯や歯ぐきがない場合、副鼻腔などの炎症が疑われます。その場合はご自身で耳鼻科等を受診頂くか、場合によってはこちらから紹介をすることもあります。

歯ぐきの痛みの多くは歯周病です。しかし、歯周病以外でも歯ぐきが痛くなる病気はたくさんあります。もちろん上記以外の病気もあります。多くは歯科での治療が可能な疾患ですが、それ以外の疾患もあります。それら多くは、歯科で定期的に検診を受けることで、大事に至る前に発見出来る場合もあったり、予防できるものあります。歯周病を含め、歯ぐきの痛みで悩むリスクを下げるためにも定期検診・予防歯科をご利用下さい。

歯が痛くなる原因

どうして歯が痛くなるのか

「歯の痛み」というと多くの人が「むし歯」を想像されると思いますが、実はそれだけではありません。ここでは、むし歯だけではなく歯が痛くなる様々な要因を紹介します。しかし、どんな場合も自身での判断は危険です。歯が痛くなったらまずは歯科での受診をご検討ください。

むし歯


むし歯菌により、歯が蝕まれて起こる痛み。

歯周病

歯周病菌により歯茎や顎の骨の組織が破壊されて起こる痛み。

親知らず

親知らずの生え方やむし歯により起こる痛み。

破折

歯冠や歯根が割れたりヒビがいくことで起こる痛み。

知覚過敏

エナメル質が薄くなり象牙質に刺激が伝わることで感じる痛み。

非歯原性歯痛

歯や歯ぐきなどに問題がないのに感じる痛み。

歯が痛くなる原因

むし歯の痛み

むし歯の痛みは、むし歯菌が出す酸によって歯が溶けることで歯の神経に刺激が加わるようになり痛みを覚えます。最初は、冷たいものや暑いものを口に含むと「ピリッ」と電気が走るような感覚を覚えることが多く、徐々にズキズキした痛みを感じるようになってきます。

一般的に「自発痛」といって、歯にふれたり何かを噛んだりといった刺激を与えていない状態で痛みを感じるようになってくると、抜髄という神経を抜く処置が必要になる場合があります。むし歯は早期発見・早期治療が基本となりますので、痛みを感じてから歯科に行くのではなく、むし歯ができても定期検診で小さなうちに対処することが大切です。

歯周病による歯の痛み

歯周病というと、歯ぐきの病気なので歯は痛くならないと思われておられる方もおられます。しかし歯周病が進行すると、痩せた歯ぐきからエナメル質の薄い歯質が露出することで歯の神経が刺激を受け、知覚過敏のような痛みを感じたり、歯が同様することでズキズキとした痛みを感じることもあります。

歯周病もむし歯と同じく、痛みを感じ始めた頃には重症化している可能性が高い病気です。また、最も感染者の多い感染症として、ギネスブックに載るほど感染率の高い病気でもあります。歯周病は進行すると歯を失い、歯を支える骨が溶けることからインプラントや入れ歯も困難になってくる病気でもあります。定期的に予防歯科に通い、歯垢や歯石を溜めずに清潔な口腔内を保つことが、長く歯を保つ要因となります。

親知らずの痛み

親知らずは、永久歯の中で最後に生えてくる一番奥(8番目)の歯です。萌出時期が遅いため、歯の向きが横向きに生えてきたり、歯ぐきの中に埋まった状態で生えていることもあるため、手入れがしづらく、不潔になることが多い歯と言われています。そのため、智歯周囲炎という親知らずの周囲に炎症が起こる症状が現れることがあり、時には顔の形が変わるほど腫れたり、口が開かないほど痛くなることもあります。

親知らずは、咬み合わせにもよりますが、人間の進化の過程上必要のない歯となりつつあります。そのため、多くの場合で何も症状がなくても抜歯が推奨される場合があります。しかし、人によっては抜かないほうが良い場合や、抜かなくても良い場合がありますので、自身の親知らずの状態については歯科医師に相談することが適切です。

破折による歯の痛み

破折とは、歯の根にヒビ(破折線)が入ったり、歯冠が割れたりヒビが入ることを言います。「噛むと痛い」というのが痛みの特徴で、歯根破折の場合は、治療歯(神経を取った歯)に起こりやすいと言われています。

歯は、神経を抜くと歯の持つ修復力が弱くなり、歯そのものが弱くなってしまいます。そこに咀嚼による毎日の刺激が加わったり、ブラキシズム(食いしばりや歯ぎしり)によってダメージが蓄積されることで、あるひ突然のようにヒビがいったり折れたりします。歯冠の破折の場合は、神経を取って根の治療をすることで歯を保つ事ができますが、歯根の破折は抜歯になることが多いです。また歯冠の破折でも、根にもダメージが加わっている場合はいずれ歯根が割れてしまうこともあります。破折は比較的再発リスクの低い歯の根の治療を行うことで防げる場合があります。

知覚過敏の痛み

歯の一番外側のエナメル質という部分が薄くなり、歯の神経に刺激が伝わることで感じる痛みです。冷たいものや暑いものを口に含むと、「キーン」としみるような痛みを覚えます。

痛みを覚える瞬間がむし歯と似ていますので、「むし歯かな?」と思うこともあります。痛みが持続的に続いていない場合や、痛みを感じる場所を細いもので叩いても痛みを感じなければ、知覚過敏である可能性は高いです。しかし、もしむし歯であれば進行するほど削る歯質は増えてしまいますし、場合によっては神経を失う処置が必要になることもありますので、「むし歯かな?」と思ったら相談にお越しください。もしむし歯ではなくても、知覚過敏に適した対処も可能です。

非歯原性歯痛による歯の痛み

歯や歯ぐきとは関係のないところが原因で起こる痛みを、総称して非歯原性歯痛と呼びます。痛みの原因は様々ですが、総じて「歯が痛む」ことから、歯科を最初に受診されることが多い病気です。

非歯原性歯痛はいくつかに分類されますが、顎の筋肉や神経の問題、時には心臓が原因の場合や精神疾患から来る病院もあります。非歯原性歯痛の第一選択肢は歯科で結構ですが、あらゆる検査をした上で歯科疾患ではな場合、痛みの原因を突き止め、治療をするために他科にかかる必要があります。

このように、歯の痛みだけでもいくつもの原因があります。しかし、多くの場合はむし歯や歯周病である可能性が高いので、この痛みから回避するには「予防」で歯科に通うことが一番の治療です。歯のお痛みは早期発見、早期治療が基本です。少しでも痛みを感じたら、勘違いでも構いませんのであ早めの受診をお待ちしています。

咬み合わせを考えた治療

噛めるだけでなく美しく

一口腔一単位の治療

アップル歯科の治療方針の根本として、「一口腔一単位」という考え方があります。これは、「悪くなった歯1本を診る」のではなく、「歯1本が悪くなった原因を口腔内全体から診る」ということです。
歯は、成人の場合片顎14本ずつの上下28本(親知らずを含めると32本)の歯が噛み合って機能しています。実はこの歯の生え方(咬み合い方)が重要で、例えば1本に力が集中してしまうような噛み方ならその歯がダメージで壊れれるリスクが高くなったり、全く噛んでいなければどこかにその分の力が分散しているということになります。

アップル歯科では、1本の歯の治療でも、この咬み合わせを考えた治療を行うことを心がけています。歯1本の治療でも、その歯をどう治療することで、もっとも良い咬み合わせを得られるか。また、何が原因でその歯が悪くなったのかを考えることで、同じ症状の再発を防ぐことを防ぐことに繋がります。

咬み合わせを考えた治療とは

咬み合わせを考えた治療とは、単純に「歯列」というわけではありません。咬み合わせとは上下左右の歯のバランス、接触の仕方、顎の動きを含めた「かむ動作」を考えた治療です。つまり、むし歯を一本治療するにあたり、その歯を削ることでその歯と接触していた対合の歯や、その歯と支え合っていた隣の歯のことも考えて治療をするということです。そうすることで、むし歯治療をした歯が原因で起こる上下左右の歯のトラブルを防いだり、治療した歯の再発リスクを下げることが可能となります。

また、治療する歯は単に「元の形」に戻すだけではなく、例えば上下の歯と接触させることで歯ぎしりの「グラインド」を抑制したり、逆に接触を抑えることで「歯の摩耗」を防いだりすることもあります。
アップル歯科では、患者様の咬み合わせの状態、傾向、習癖などを考察しながら、その歯を治療することで、その歯や周りの歯が悪くなるリスクを下げる治療を考え、ご提案しています。

見た目への配慮

歯は、「噛む」という動作だけではなく、顔の印象を左右したり、笑顔の量にも関わってきます。例えば「歯並び」という視点で考えれば、マウスピース矯正のメーカー、アラインテクノロジー社が行った男女600名を対象に行なった「歯並びと出会いの調査」では、「歯並びが良い笑顔」と「歯並びが悪い笑顔」に対する印象についてのアンケートによると、「歯並びが良い笑顔」のほうが 「上品」な印象を持ったと回答した人が12.1倍多い結果が出たそうです。これは歯並びだけに言えることではなく、それだけ人は相手の「口元」を気にしているということです。また、高校生を対象に歯列・咬合異常が現代の高校生 の心身の健康意識に及ぼす影響について調べた論文では、歯並びや咬み合わせが高校生の精神的ストレスを引き起こす要因の一つとなっている可能性を示唆しています。
ですからアップル歯科では、患者様の歯を治療するにあたり、患者様が選ばれた選択肢の中で、最大限見た目にも配慮した治療を行っています。その中で、患者様から更なる審美的な改善のご希望があれば、歯列矯正やセラミック補綴なども含めて、咬み合わせと見た目に配慮した治療をご提案することも行っています。

※1)「歯並びが良い笑顔」と「歯並びが悪い笑顔」に対する印象を聞いたところ、“歯並びが良い笑顔”は“歯並びが悪い笑顔”より、 「上品」な印象を持ったと回答した人が12.1倍多い結果となった。

※1)5歳以上10歳未満では処置歯または未処置のう歯を持つ者の割合は10%を下まわったが、25歳 以上85歳未満では80%以上と高く、とくに35歳以上55歳未満では100%に近かった

咬み合わせと歯並びについて

咬み合わせが悪いと歯並び矯正をした方が良いのかというと、そういうことではありません。例えば顎関節症の患者様が歯並び矯正をしたからといって、必ずしも良くなるとは限らず、歯列を変えることで別のトラブルに見舞われることもあります。逆に、歯並び矯正をしたことによって、長年悩んでいた肩こりや編頭痛などが偶発的に改善したという方もおられます。つまり「咬み合わせが悪いから歯列矯正」が必要なわけではなく、歯列矯正を行う上で咬み合わせの問題やリスクを検討し、トラブルの起きない咬み合わせを考えることが重要になります。

アップル歯科では、矯正治療を望まれる患者様には、歯列矯正の専門家である矯正医の診断を行った上で治療を進めることを徹底しています。
患者様の中には、「咬み合わせが気になるけど矯正を進められそうで嫌」という方もたくさんおられます。しかし、咬み合わせの問題=歯列矯正ではありませんので、咬み合わせに違和感を感じたり、トラブルがあればまずはお気軽にご相談ください。患者様のご要望をお伺いしながら、患者様に合った治療を患者様と一緒に考えます。

咬み合わせ・見た目の治療

咬み合わせや見た目のそれぞれの治療についての詳細は下記をご覧ください。

アップル歯科尼崎駅前

  • 〒660-0803 兵庫県尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。(電子マネーは現在準備中)
友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

2020年6月22日開院

休診日:水曜・日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR尼崎駅 南口を北側に出て南へ徒歩30秒、尼崎駅前交差点渡って右手側。
  • 阪神尼崎駅 より阪神バス尼崎市内線[11系統・23系統]乗車、小田地区会館停留所下車徒歩6分
お車でお越しの方へ(駐車割引券有り)

グループ医院のご紹介

4つのアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

TOPページへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2020 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top