むし歯の治療法

HOME > 一般診療 > むし歯治療 > むし歯の治療法

むし歯を削った後の修復方法

ごく小さなむし歯の場合

むし歯の治療を行う場合、虫歯になっている部分を取り除く必要があります。小さな虫歯であれば自由診療で削らずお薬で溶かす方法もありますが、ほとんどの場合はむし歯に侵された部分とその周囲を削って治療することになります。削った後は、それぞれの大きさに合わせて人工物によって補う必要があります。むし歯自体が小さいものならば、CR(コンポジットレジン)という光をあてることで固まる白い樹脂で詰めることができます。治療は一回で終わることがほとんどんで、見た目も治療しかどうかわかりにくく目立ちにくいという特徴があります。

ただし、CRははプラスチックで強度が弱く、水分に対しても弱いので、噛む力がかかる部分ではかけてしまったり、取れてしまうことがあり、時間が経つと劣化して色が変わってくることもあります。

小さなむし歯の場合

面積の広いむし歯や、歯と歯の間の力のかかる部分を詰めるときは、歯を削ったあとに型どりをして、その形に合わせたインレーという詰め物で歯の形を再現します。インレーの種類は保険治療でできる負担額の少ないものだとパラジウムという銀歯による治療となります。自由診療であればセラミックと呼ばれる歯と色が近く取れにくい陶材や、ゴールドを多く用いた強度が高く柔軟性のある金属なども使用できます。口腔内とはいえ体に入れるものですので、人ぞれぞれにあった材料があります。当院では患者様と相談しながらどの材料によって使用するかを決めていきます。

インレーによる治療は約2~3回の来院が必要となります。

インレーは歯を削った形に特殊な接着材で接着するのですが、時間が経つと接着剤が劣化し、流れ出してくるためそのスペースに菌が入り込み中でむし歯ができてしまいます。定期的な検診で隙間がないか、隙間から虫歯になっていないかを確認しましょう。

大きなむし歯の場合

歯の深い部分まで詰め物になっている場合は、歯髄の近くからむし歯ができるため、次に治療をするときはC3になっており、歯髄を取らないといけない場合もあります。歯髄を取った歯は、歯が弱くなり割れやすくなります。また歯の頭の部分である歯冠の歯質を多く失っているため、歯の内側から力のかかりやすいインレーのような詰め物ではなく、歯を覆い、力が外向きにかかりにくいような被せもの(クラウン)を作る必要があります。保険ではパラジウムをメインに使った銀色の歯か、ハイブリットレジンというプラスチックの材料を使ったクラウン(適応有)となります。※前歯の場合は見える部分に樹脂を貼り付けた前装冠というものを使用します。

クラウンも、インレーと同じように材料によって特徴があります。自由診療には目立たず自然に見えるセラミック、白くて強いジルコニアセラミック、咬み合わせの力に強いゴールドを使ったもの、保険で使用できるものを含めてインレーよりも種類が豊富です。担当医と相談しながらご自身にあったクラウンを選んで下さい。

根っこの治療を行ない被せを作る場合、治療回数は大体5~7回ほどを要します。この治療を受けると、数年後に根っこが再度むし歯になったり、力がかかって支えになっている根っこが折れてしまったり、根っこの先に細菌が入り、骨を溶かして炎症を起こすことがあります。この場合再度同じような治療を行うか、歯の根っこの状態によっては抜歯になる可能性もあります。定期的に問題がないか、検診を受けることが大切です。

むし歯の再発を防ぐため

むし歯の治療は、「治療」といいながらも削った歯が元に戻るわけではありません。そこはあなた自身の体の一部だったものから人工物に変わっているだけだであり、むし歯という症状がその歯から一旦なくなるだけのことです。一度治療した歯は、またいつかむし歯になってしまい、再治療を行はなければならない可能性は低くありません。治療を繰り返すうちにどんどん元あった歯質は失われていき、最終的には歯を抜かなくてはならなくなることも有り得ます。自分の歯を守るためにはまずむし歯にならないこと、もしむし歯になったら早めに治療すること、むし歯を繰り返さないための対策を講じることが重要です。

アップル歯科では治療よりも予防に重きを置く歯科医院です。定期検診をご利用頂いたり、むし歯にならないための素材をご検討いただくなど、むし歯の繰り返しでは歯を失わないための治療を提供していきたいと考えています。そのためにもカウンセリングでしっかりと患者様のお話をお伺いし、患者様に合った治療法をご提案できるよう努めます。

治療した歯の虫歯の進行

この記事の編集・責任者は歯科医師の田中 公之です。
DR田中
タグ:

むし歯の治療法 | 公開日: 2020/04/07 | 更新日: 2020/04/07 | by アップル歯科尼崎駅前

このページの関連記事

アップル歯科尼崎駅前

  • 〒660-0803 兵庫県尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。(電子マネーは現在準備中)
友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

2020年6月22日開院

休診日:水曜・日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR尼崎駅 南口を北側に出て南へ徒歩30秒、尼崎駅前交差点渡って右手側。
  • 阪神尼崎駅 より阪神バス尼崎市内線[11系統・23系統]乗車、小田地区会館停留所下車徒歩6分
お車でお越しの方へ(駐車割引券有り)

グループ医院のご紹介

4つのアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

TOPページへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2020 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top