全部床義歯(総入れ歯)

HOME > 一般診療 > 義歯・入れ歯 > 全部床義歯(総入れ歯)

全部床入れ歯(総入れ歯)について

全部床入れ歯とは?

全部床入れ歯とは、歯が全てなくなってしまった方が使用する装置です。一般的には「総入れ歯」と言われることが多いです。総入れ歯を使うことによって、失われた機能や形態、顔貌を回復するとともに、精神的ストレスを解消し、全身の健康とQOLを維持、向上させる役割があります。

総入れ歯は歯の役割を果たす「人工歯」と粘膜の上に乗るピンク色の「床」から構成されています。部分義歯の場合は、残っている歯に金属を引っ掛けて固定しますので、この床が小さくてすみますが、総入れ歯の場合は、すべての歯を支える必要があるため、床の面積も広くなります。

歯がなくなるとどうなるの?

①噛めなくなる
歯がなくなってしまうと、歯で噛みきれなくなるので、柔らかいものしか食べられなくなります。
②飲み込みづらくなる
嚙み切りにくくなるため、口の中で食べ物を小さくできないので、食べ物が大きいまま飲み込まなくてはいけなくなります。これが原因で消化不良となったり、柔らかいものしか食べなかったりすることで、必要な栄養分が取れなくなります。ゆくゆくは、痩せてしまったり、病気になったり、全身の健康に影響が出ることがあります。
③喋りにくくなる
声を出す際、「歯」「口蓋(上顎)」「舌」「口唇」「下顎」を使って声を発しています。片方の顎の歯が全てなくなってしまうことによって、この中の「歯」と「口蓋(上顎)」または「下顎」がなくなってしまうため、喋りにくくなります。
④顔が歪んでしまう
歯がなくなると、顔のシワが増え、口唇が薄くなり、鼻の下から顎先までの距離が短くなります。入れ歯を装着することで、シワが減り、口唇は厚くなり、若々しい印象になります。

歯を失うと日常生活のあらゆるところに支障をきたしまします。最初は「1本ぐらいなくても」から始まって、その1本が引き金となり2本、3本と抜け落ち、「気がつけば全ての歯を失っていた」という方も多くおられます。それでも気にされない方もおられますが、歯がなければ食事を楽しむこともできませんし、会話も億劫になってしまいます。それを少しでも緩和してくれのが入れ歯という選択肢です。

入れ歯がないと…
見た目にも問題が…

歯がない状態

入れ歯装着

全部床義歯のメリット・デメリット

総入れ歯はメリットもあればデメリットもある治療です。

メリット デメリット
● 保険が適用になるため費用を抑えられる。
床や人工歯の種類や素材はは選べませんが、健康保険を使った治療が可能です。全ての歯を失っても、大きく費用がかかることはございません。
● 違和感が大きい。
手の平ぐらいの人工物がお口の中に入るので、違和感を感じる方は多いです。まずは1日数時間ずつの利用から初めて、慣れることが大切です。
● 適応される症状が多い。
歯ぐきが痩せていても、歯が残っていても、ほとんどのケースで適応可能な治療と言えます。
● 食事がはさまりやすい。
入れ歯と歯ぐきの間に食物が挟まることもあり、食事の度に洗浄が必要な場合もあります。
● 着け外しが可能。
取り外しが可能ですので、違和感が強いときや痛いとき、就寝時などは取り外して保管することが可能です。
● すぐに合わなくなることがある。
入れ歯は、歯ぐきの後退などお口の中の環境が変わっても合わなくなりますし、保管方法を間違えて変形して合わないこともあります。
● 治療のリスクが少ない。
薬剤の使用や外科処置(抜歯を除く)等もありませんので、治療中のリスクが少なく失敗の少ない治療です。
● 手入れが必要。
入れ歯は手入れを怠ると、匂いを伴ったり変形・破損することもあります。また、入れ歯には、カンジダという真菌が繁殖しやすいこともわかっています。入れ歯洗浄剤等を使ったこまめな手入れが必要です。

入れ歯は装着してからが大切な治療です。

入れ歯治療は完成した入れ歯をもらったら治療終了ではありません。新しい靴を買ったら靴擦れをするように、新しい入れ歯を着けたら、どこかに口内炎ができたり、お痛みが出たりすることはよくあります。

義歯調整の平均回数は、男性で約4回、女性で約5回と言われています。もちろんこれ以上かかる方もいれば、1回で終わる方もいます。しかし、新しい義歯を作った方の多くが2回以上の調整を歯科医院側にお願いしているということです。義歯ができたら自分のお口にきちんと合っているか、直してほしいところはないか、しっかり確認し、調整を行っていきましょう。

また、その入れ歯を使い続けることが最も重要です。使わずに乾燥させてしまえば変形してしまいますし、装着していない期間もどんどん歯槽骨(歯を支えていた骨)は吸収され、口腔内の状態は変わっていってしまいます。ですから義歯をもらったら、毎日の装着とお手入れをきちんと行っていきましょう。

※1)義歯の調整回数は平均4.4±1.8回(男性3.8回,女性4.9回)であった

この記事の編集・責任者は歯科医師の内藤 詩です。
Dr内藤
タグ: , ,

全部床義歯(総入れ歯) | 公開日: 2020/04/24 | 更新日: 2020/04/24 | by アップル歯科尼崎駅前

このページの関連記事

アップル歯科尼崎駅前

  • 〒660-0803 兵庫県尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。(電子マネーは現在準備中)
友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

2020年6月22日開院

休診日:水曜・日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR尼崎駅 南口を北側に出て南へ徒歩30秒、尼崎駅前交差点渡って右手側。
  • 阪神尼崎駅 より阪神バス尼崎市内線[11系統・23系統]乗車、小田地区会館停留所下車徒歩6分
お車でお越しの方へ(駐車割引券有り)

グループ医院のご紹介

4つのアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

TOPページへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2020 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top