実は知らない保険治療と自費治療の違い

HOME > 尼崎ウィキ歯ディア > 実は知らない保険治療と自費治療の違い

保険診療と自由診療は何が違うの?

保険治療が当たり前?

日本には健康保険制度という優れた制度があります。これにより、日本人は病気や怪我をしてもわずかな自己負担料で、医療を受けることができます。

しかし、この「健康保険制度」は、すべての治療やお薬に適用されるものではありません。例えば、顔の輪郭や目の形、鼻の高さなどを変えて見栄えをよくする「整形手術」は、医療でありながら保険が適用されません。これは傷病に対する医療ではないためです。あるいはガンの治療においても、一部のお薬に置いては保険が適用されないこともあります。これは保険が認められた薬ではないためです。では、保険が適用される医療と、適用さない医療にはどのような違いがあるのでしょうか?

保険が適用されない治療を、保険外診療または自由診療と呼びます。自由診療は、文字通り自由に行けられる治療で、世の中にあるすべての治療が選択肢となります。一方の保険診療は、公法上で定められた保険が適用される治療を、保険医療機関で受ける治療となります。つまり、すべての治療を受けられるのが自由診療、そのうちの一部に保険が適用される保険診療があるということです。インターネットの記事には「保険が効かない治療が自由診療」というような説明がありますが、実際はその逆で、「自由診療で受けられる治療のごく一部が保険診療」表現した方が正しいように思います。

保険診療と自由診療の違い

保険診療

image

公的医療制度の対象となる診療で、自己負担比率が決められている。

保険診療のメリット
  • 治療費に一部が保険で賄われる
  • どの医院でも同じ治療・金額で診療できる
保険診療のデメリット
  • 制度内の治療に限られる
  • 同じ治療が受けられないなどの細かなルールがある
  • 保険点数、保険適用の改定によって同じ治療でも金額等かわる場合がある

自由診療

image

公的医療保険の対象とならない治療。

自由診療のメリット
  • 自分にあった治療を選ぶことができる
  • 治療方法の選択肢が広がる
  • 新しい治療方や薬を選ぶことができる
自由診療のデメリット
  • 費用は高額になることが多い
  • 臨床成績が少なく成功率のわからない治療もある

歯科での保険治療と自由診療は?

歯科にももちろん、すべての処置・治療において保険診療と自由診療があります。前述したとおり、すべての治療は自由診療で受けることが可能です。では、具体的にはどんな治療が保険診療で、どんな治療が自由診療になるのでしょうか?わかりやすい詰め物の素材で見てみましょう。

パラジウム

image

1,000〜2,000円(保険による)

耐用年数の目安:3〜7年程度

パラジウムのメリット
  • 保険が適用されるので自己負担金を抑えられる。
  • 固くて割れにくい。
パラジウムのデメリット
  • 色が銀色で見た目が良くない。
  • 粘りが少ない材料の為欠けやすく隙間からむし歯が再発しやすい。

ゴールド

image

費用の目安:30,000〜50,000円+税

耐用年数の目安:8〜20年程度

ゴールドのメリット
  • 金合金でしなやかなことから歯との適合性も良く、むし歯リスクを抑えられる
  • 人体への親和性が高く、健康な天然歯にも負担をかけない。(他の歯に悪影響を与えにくい)
ゴールドのデメリット
  • 色が白くない。
  • 費用が高い。

セラミック

image

費用の目安:40,000円〜60,000円

耐用年数の目安:8〜20年程度

セラミックのメリット
  • 見た目が天然の歯に近く、変色しにくく強度もある。
  • プラークがつきにくくむし歯の再発しづらい。
  • 金属アレルギーの心配がない。
セラミックのデメリット
  • 費用が高い。
歯科での保険治療と自由診療は?
治療の内容 自由診療 保険診療
ムシ歯の治療
セラミックの白い歯 ×
銀色の歯
歯並びの矯正 ×
ホワイトニング ×
入れ歯
インプラント ×

※矯正やインプラントは一部例外として保険適用が認められる治療もあります(骨格異常や先天性の多数歯欠損、病気など)

銀歯は再治療のリスクが高い?

銀歯は、金属でできているため固く、欠けににくいという特性もありますが、実はむし歯の再発リスクが高いことで知られています。むし歯の再発のことを歯科では2次カリエスといって、詰め物(被せ物)と歯に隙間ができてその下でむし歯が再発しやすく、再治療の原因の約74%が2次カリエスという研究結果があります。(※2)対してセラミックは、見た目が天然歯に近くプラーク(汚れ)がつきにくく生存率が5年で95%、10年で91%との研究結果がでています。(※3)つまり、銀歯を選べばむし歯の再発の可能性が高く、セラミックを選べばむし歯の再発リスクを抑えることができるということです。ただし、これはあくまでも本人のセフルケアの状態や口腔内の状態、摂取する食事や時間にもよりますので、セラミックにしたからと言って必ずしもむし歯にならないわけではりません。しかし、一度失うと二度と戻ることのない歯を守ることができるのであれば、むし歯リスクが低い方を選択することは、決して間違いではないと言えます。

※2)コンポジットレジン(78.2%,68歯/87歯)およびメタルインレー(72.4%,21歯/29歯)で二次う蝕が 再治療原因として最も多かった

※3)ポーセレン、ガラスセラミックを合わせた全体の生存率は、5年(5,811修復)で95%、10年(2,154修復)で91%

10年後、20年後も考えた治療

最初にお伝えしたように、日本人は保険診療があるために、歯も「痛くなったら保険で治療」という習慣となっている方が多くおられます。しかし、保険制度のない海外では、一度虫歯になると治療費が高いため、むし歯にならないように予防として歯科に通う習慣がある国もたくさんなります。保険制度は誰もが治療を受けられる非常にありがたい制度ですが、その制度に甘えて歯を守ることを忘れてはいませんか?歯は大切な身体の一部です。まずはむし歯や歯周病から守るための「予防」を行うことが、私たち歯科医師がもっともおすすめしたいことです。

歯にはいろんな治療法がありますが、どんな治療方法がご自身のお口の健康を保つためには必要か、実際に治療を受ける場合は今の口腔内の全体の状況や、生活習慣、費用など様々な面を考慮して考えなければなりません。実は歯がある人とない人では健康寿命が92日も違うという研究結果もあります。(※4)お口の健康を考えて、歯科医師と相談して、しっかりと治療計画を立てていくことが重要になります。

※4)85歳以上でもっとも大きく、歯が20本以上ある人は、0本の人にくらべて健康寿命が男性で+92日、女性で+70日;寿命が男性で+57日、女性で+15日;要介護でいる 期間が男性で-35日、女性で-55日の差があることがわかりました(

Matsuyama Y, Aida J, G WR, Tsuboya T, Koyama S, Sato Y, Kondo K, Osaka K: Dental status and compression of life expectancy with disability in Japan. Journal of dental research: 22034517713166, 2017 報道発表 Press Release No:116-17-09
タグ: , ,

実は知らない保険治療と自費治療の違い | 公開日: 2020/10/13 | 更新日: 2020/10/21 | by アップル歯科尼崎駅前

このページの関連記事

アップル歯科尼崎駅前

  • 〒660-0803 兵庫県尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。(電子マネーは現在準備中)
友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

2020年6月22日開院

休診日:水曜・日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR尼崎駅 南口を北側に出て南へ徒歩30秒、尼崎駅前交差点渡って右手側。
  • 阪神尼崎駅 より阪神バス尼崎市内線[11系統・23系統]乗車、小田地区会館停留所下車徒歩6分
お車でお越しの方へ(駐車割引券有り)

グループ医院のご紹介

4つのアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

TOPページへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2020 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top