ご挨拶

HOME > ご挨拶

院長 田中からのご挨拶

アップル歯科尼崎駅前院長の田中です

患者様へのご挨拶

このたびは、当院のWEBサイトをご覧いただきありがとうございます。アップル歯科尼崎駅前院長の田中公之と申します。

私はこのアップル歯科を、誰もが気軽に通える歯医者にしたいと考えています。

歯医者というのは、どちらかというと好きな人より嫌いな人が多い、そんな場所かもしれません。その理由の大半が「痛い」「怖い」という理由です。ですから反対に、「痛くなく」「怖くない」場所であれば誰もが気軽に通えるようになるのではないかと考えています。ですから私はまず「痛くしないために」できることを思いつく限り取り入れ、「怖い」と感じることがないよう、「親切・丁寧」な対応を徹底するよう努めています。

私たちの目指す治療

私たちは別にたくさんの患者様の治療をしたいわけではありません。歯医者の治療は、一度削ったり抜いてしまうと二度とは元に戻りません。私たち歯科医師は、それを良いことだとは思っていません。一番患者様にとって良いのは削ったり抜いたりする必要がないことです。そのために大切なのは予防だと考えています。ですから当院が目指すところは、当院で治療していただいた後に、二度と治療が必要にならないようにすることです。何度もむし歯や歯周病を繰り返す、そんなお口のお悩みの悪い流れを断ち切れる歯科医院になりたいと考えています。

そのために、まずはしっかり治療すること。そして「予防」について、正しい知識を持っていただき、尼崎市からむし歯や歯周病で悩む人を減らすことができればと真剣に考えています。「むし歯や歯周病でお困りの方」「何度も同じ場所が悪くなり、治療を繰り返しておられる方」「見た目のコンプレックスでお悩みの方」、まずは一度当院がどんな歯医者か見に来て頂ければと思います。そして「ここなら治療できそう」と思ったら、治療を続けていただき、今後悪くならないように予防までお任せ頂ければ幸いです。

院長 田中について

私が歯科医師になった理由

私は歯科医師とは無縁の一般家庭の育ちです。ですから、実は高校で進路を考え始めるまで歯医者になりたいと思ったことはありませんでした。進路を決めるときも深い理由はなく「人の喜ぶ仕事」「人と接する仕事」という漠然とした考えから「医療の道」と思い、そこではじめて歯科医師という職業を選択肢として考え恥じました。勉強は昔から頑張っていたので、どうせやるなら1番上のレベルで学びたいと思い当時最難関と言われた大阪大学歯学部を選びました。

今でこそ歯科医師としての目的がしっかり持てるようになり、この仕事を誇らしいと思っていますが、当時の自分を振り返ってみると、歯医者という仕事の素晴らしさや大切さを知らない自分に、自分の進もうとする道の責任とやりがいを教えてあげたいと思うほど、無知な状態からのスタートだったと思います。

(学生時代)スターバックスでアルバイトをしていました

大学で学んだ歯科の役割と考え始めた自分の役割

無事大学に入った私はそこで初めて歯科について学び始めます。そして初めて歯科の健康における役割と現状を知りました。「お口は健康の入り口」とはよく言いますが、いかに歯の健康が身体の健康につながっているのかは、おそらく多くの方がご存じないのだろうなと思うようになりました。

また、学んでいくうちに気づいたこととして、歯の治療は、実は数十年前から変わっていないところもたくさんあります。一方で、実は新しい治療方法や選択肢も多く生まれています。そしてその中には、従来の方法よりも素晴らしい結果をもたらす治療もたくさんあります。しかし、大学では当たり前ですが「新しい治療」より「現在頻繁に行なわれている治療」を重点的に学びます。

歯科はこんなに人の人生を左右するのに、医学は日進月歩と言われた時代から変わっていない治療もある。そこに私は矛盾点を感じ、自分は新しい治療を届ける歯科医になる決意をしました。

あえて選んだ険しき道

無事国家試験に通り臨床研修先を決める時、私は大学に残るより、臨床の最前線で学びたいと考え、このアップル歯科を選びました。ほとんどの歯科医師は、国家試験合格後、臨床研修のために大学に残るか、他の大学の病院にて臨床研修を受ける道を選びます。アップル歯科クリニックは、当時一般の診療所では珍しかった「単独型歯科医師臨床施設」という、大学病院と同等の臨床研修が受けられる歯科医院でした。私があえて大学を出た最大の理由は「本当の歯科の現実をいより早く学べること」です。大学病院には通常「一般の歯科医院」から紹介された入院や手術が必要な特別な疾患を持った患者様を診ることが多くあります。しかし、私たち歯科医師の多くは最終的に一般的な歯科診療所で治療を行います。

どちらが良いとかということではありませんが、大学在学中に「歯科医療のモヤモヤ」を感じていた私は、より早く外の世界に飛び出し、モヤモヤ解決に向けて歩みたいと思い、アップル歯科クリニックにお世話になることを決めました。

自分の成長に必要不可欠な場所

いざ現場に出てみると、当然ですが自分が本当に何も出来ないことに気づきました。大学で時間をかけて学んで来たことが、臨床では一瞬にして行われてしまう様を見て「勉強」と「実践」の違いを改めて突きつけられた気がしたのを今でも覚えています。

だからこそ面白い。私は自分の選んだ道に誇りを持って歯科医師としての人生をスタート出来たのです。

大学病院には大学病院の、診療所には診療所の、それぞれ良いところがあると思います。しかし、「新しい治療をより多くの人に提供する」という目的を持った私にとって、アップル歯科での臨床研修は私の成長にとって最適な場所を選んだと自負しています。

より良い歯科治療を提供できる歯科医師を目指して

臨床研修が終わった後も、私はこのアップル歯科で研鑽する道を選びました。そして2020年、コロナ禍の中アップル歯科尼崎駅前の開業に伴い、院長としてお任せ頂くことになりました。地域の皆様との距離を縮めるため、住まいも神戸市から尼崎市へ移しました。今後は、医療法人社団アップル歯科クリニックの一員という看板を背負い、アップル歯科尼崎駅前の院長として、尼崎エリアの住民の一員として、そして田中公則という一人の歯科医師として、この街の皆様のお口の健康の手助けができればと考えています。

歯科医師として楽な生き方をしようと思えば他に色んな道もありますが、私は楽をするために歯科医師になったわけではありません。臨床にて患者様の治療に携わりながらも、セミナー・勉強会や学会に参加することで学びを続け、最高の技術と知識を持って患者様を笑顔にしたいと考えています。そして、一人ひとりの患者さんと末永くお付き合いが出来る、そんな心のある歯科医師でも有り続けるべく日々努力を続けることをお約束します。

尼崎市周辺の皆様、お口のことでお困りがありましたら、お気軽にアップル歯科をご利用下さい。皆様のお越しとお口の健康を心より祈っております。

アップル歯科尼崎駅前
院長 田中公之

理事長挨拶

医療法人社団アップル歯科クリニック 理事長 吉見哲朗

WEBサイトをご覧頂きありがとうございます

数ある歯科医院の中から、アップル歯科尼崎駅前のホームページをご覧頂きありがとうございます。

アップル歯科クリニックは、この尼崎院より前に明石院・加古川院・三宮院(並びは開業順)の3つの医院があります。よく「分院展開」と言われますが、私を含めスタッフ全員そうは思っておりません。アップル歯科クリニックは全てが本院の歯科医院です。

当院は「保険診療も自由診療もレベルの高い治療を目指して」をモットーに、あらゆる治療・選択肢を患者さんにご説明し、カウンセリングにて患者さんと一緒に治療法を話し合い、決まった計画に対して全力で治療に当たるというスタイルの歯科医院です。そのために、歯科医師は休みや診療後の時間を勉強に費やし、患者さんのご要望や新しい治療をご提供出来るよう日々研鑽に励んでいます。ですから「分院展開」ではなく本院の拡大、アップル歯科の治療をご提供できる医院を任せられる歯科医師が育ったということです。

アップル歯科尼崎駅前について

院長の田中は、元々明石アップル歯科で副院長を努めており、どこに出しても恥ずかしくない知識と技術を身に着けています。人としては、まだまだ若さゆえの未熟さはあるものの、人間味にも溢れ、ユーモアにも富んでおり、未熟さは逆に伸びしろであると考えています。

アップル歯科尼崎駅前は、そんな田中院長を筆頭に「誰もが通いたくなる歯科医院」を目指してします。そのためにはまず痛くない治療、そして怖くない対応を心がけ、これまでとは違う歯科医院像を患者さんに与えることができるよう、様々な工夫を凝らしています。

「歯医者が嫌い」「歯医者が怖い」人でも通いたくなる、そんな歯科医院が理想です。そして、その先に「予防で歯科に通い、むし歯や歯周病で悩むことがない」という方を、どんどん増やしていければと思います。痛い治療ではなく、痛みのない予防で通い、患者さんと歯科医師が笑顔でお話できることが私たちの最大の望みであります。

アップル歯科について

アップル歯科の歩み

医療法人社団アップル歯科クリニックは2004年に兵庫県明石市の、大久保町という駅から離れた閑静な住宅街に誕生した歯科医院です。開業当初は診療台3台、スタッフ4名のよくある小規模の歯科医院でした。その当時の私は、なんとか患者さんに喜んでもらえる歯科医院にしようと必死で、毎日朝の2時ぐらいまでカルテを見返し、休みの日はセミナーや勉強会に参加し、それこそ馬車馬のように働きました。

「良い治療」「患者さんのために」を考えすぎた当時の私は、スタッフにとっては「良い院長」ではなかったかもしれません。患者さんにも「この治療が良い」とお話しても伝わらず、苦しんだのを覚えています。当時の私は自分の意見を相手に伝えようという思いが強すぎて、「伝えること」に気を取られ、相手の思いを聞き、汲み取ることができていませんでした。

ある時、しっかり話を聞き、患者さんの希望に沿ってお答えしていると、自然に患者さんも私の話に耳を傾けてくれていることに気づきました。それ以降私は、相手の話を聞き、その内容に沿って治療法を一緒に考える、カウンセリングに力を入れるようになりました。カウンセリングはアップル歯科の治療における最大の特徴となり、このスタイルで多くの患者さんのお口の健康のお手伝いが出来るようになりました。

加古川アップル歯科の誕生

人の話に耳を傾けることに気をつけていると、勤務医やスタッフも定着し始め、セミナーや勉強会の先生や仲間から、「アップルの勤務医はみんな基礎が出来ているね」とお褒めの言葉を頂くようになりました。「分院展開」の声もあがりましたが、当時の私は「治療の質を落としたくない」という理由から、頑なに医院展開を考えず、自分の目が行き届く一つの医院でたくさんの患者さんを診ることに徹していました。

しかしある時から「予約が取れない」「取れても数週間先」と、アポイントが取れない不満をよくお伺いするようになりました。そこで、明石の隣の市である加古川市にて、第2のアップル歯科を作りました。もちろん、その時も「彼なら大丈夫」と思う院長が育ったからこその開業でした。もともとアップル歯科の勤務医は、将来の開業を目指しています。だからこそ私は、「アップル歯科の元勤務医」が、どこで治療をしてもアップルの名に恥じないよう、難しい治療や通常では勤務が手をつけない症例も、包み隠さず教えてきました。その甲斐あって加古川アップル歯科では、治療の質を落とすこと無く(むしろ上がったところもありました。)アップル歯科の治療をもっと多くの皆様に提供出来るようになりました。

初めての駅前アップル歯科

その後、明石・加古川の両院は、それぞれの地域だけでなく、その周辺の市から多くの患者さんにお越し頂けるよになりました。しかしどちらの医院も駅からは離れた住宅地に佇む歯科医院。ご近所か、車がなければ通いやすいとは言えない立地です。患者さんからは当然のように「駅から遠い」というお声をよく頂くようになりました。

そこで、第三の医院として出来たのが三宮アップル歯科です。アップル歯科初の都市型駅前の歯医者です。アップル歯科は、1回のアポイント(ご予約)を長めに取る歯科医院です。保険治療で30分、自由診療なら45〜60分程度頂くこともあります。果たしてビジネス街に近い三宮で、このスタイルが受け入れられるのかを心配していましたが、半年もしないうちにご予約が取りにくくなるほど、多くの患者さんにお越し頂けるようになりました。

アップル歯科尼崎駅前開業

そしていよいよアップル歯科尼崎駅前の開院です。アップル歯科は、全てが本院ですので、どこの医院が良かった・やりやすかったというのはありません。ただ、はじめて私がこの尼崎院の前を通ったとき、直感で「ここでならアップル歯科のシステムが活かせる診療ができる」と根拠のない確信を持ちました。

アップル歯科の治療は、患者さん一人にしっかり時間を取り、ゆったりとしたスペースで落ち着いて治療に望んでもらうというのが一つのスタイルです。この規模のテナントであればゆとりを持ったスペースを確保できる上、都心部とはいえどちらかというとビジネス街ではなく住宅よりの立地はそのスタイルにピッタリと当てはまっていました。

そこから院長の田中とも相談し、尼崎という土地がどんな場所なのかを調べ、このエリアの皆様のお口の健康ができればと開業を決めました。

尼崎エリアの皆様へ

開業が決まって間もなく、世間は新型コロナウィルスが蔓延し、開業直前には緊急事態宣言が発令されました。一時は開業延期も考えましたが、なんとか緊急事態宣言も解除となり、2020年6月22日、無事開院することが出来ました。

それでもこの自粛モードの中ですから、最初は患者さんも多くは来て頂けないと思っておりましたが、蓋を開けてみればこれまで経験したことないほど、たくさんの患者さんにご予約頂き、ご来院頂くことが来ました。「歯を大切にしたい」という思いが患者さんに伝わり、たくさんの患者さんにお越しいただけたことを心より感謝いたします。

そのご恩に報いることが出来るよう、私たちはよりよい治療をお越しいただいた患者さんにご提供し、皆さんが「アップル歯科に通って良かった」と思えるような医院にしていきたいと思います。

実はご存じないかもしれませんが、歯医者は感染症と戦う場所でもあります。人のお口の中にはたくさんの菌が存在し、その菌をコントロールすることでウィルス感染のリスクを下げたり、肝炎やHIVなど、あらゆる感染症を患者さんから患者さんへ、医療従事者から患者さんへ、器具から患者さんへの感染を防ぐため、高レベルでの滅菌システムも導入しています。

コロナ禍に出来た歯科だからこそ、感染症対策に力を入れた歯科であるべきだと私は思います。こんな中でもアップル歯科に通って良かった、そう思って頂けるように今後もあらゆる対策を徹底してまいります。歯のお困りごとがありましたら、ご自身も感染対策をされた上、アップル歯科尼崎駅前をご利用頂ければ幸いです。皆様のお越しを心よりお待ちしています。

医療法人社団アップル歯科クリニック
理事長 吉見哲朗

アップル歯科尼崎駅前

  • 〒660-0803 兵庫県尼崎市長洲本通1丁目4-18 ヴィラレオーネ1F
  • お支払いには各種クレジットカードが利用出来ます。(電子マネーは現在準備中)
友だち追加
曜日
診療開始 9:30 9:30 休診 9:30 9:30 9:30
診療終了 18:30 18:30 休診 18:30 18:30 17:00

2020年6月22日開院

休診日:水曜・日曜・祝日
※日曜・祝日診療は下記診療カレンダーをご覧下さい。

診療カレンダー

アクセス・地図

地図
公共交通機関をご利用の方へ
  • JR尼崎駅 南口を北側に出て南へ徒歩30秒、尼崎駅前交差点渡って右手側。
  • 阪神尼崎駅 より阪神バス尼崎市内線[11系統・23系統]乗車、小田地区会館停留所下車徒歩6分
お車でお越しの方へ(駐車割引券有り)

グループ医院のご紹介

4つのアップル歯科

アップル歯科尼崎駅前

TOPページへ

明石アップル歯科

明石アップル歯科 明石アップル歯科 医院HPへ

三宮アップル歯科

三宮アップル歯科 三宮アップル歯科 医院HPへ

加古川アップル歯科

加古川アップル歯科 加古川アップル歯科 医院HPへ

Copyight© 2020 Apple Dental Clinic. All Right Reserved.

Page Top